園舎が特徴的な保育園

花水さくら保育園

園の看板
園の看板

「社会福祉法人真幸会」が運営している「花水さくら保育園」は、もともと市立の「旧・花水台保育園」だったが、市立保育園の再編による民営化で現在の名称になり、新しい園舎となって再スタートした。「社会福祉法人真幸会」としては4園目となる同園は、ユニークな“仕掛け”が幾つも散りばめられている。

園庭
園庭

子どもの食に対する関心を深めるため、栄養士・調理員の姿が見えるように大きな窓を設けたり、園庭から2階に上がれるスロープの設置などはその好例だ。また、地域との交流を促進するため、地元農家の野菜を格安で販売する「マルシェ」をホールに設けるなど面白い取り組みもしている。

園庭
園庭

2020(令和2)年から、キッズ専門の英会話教室を展開する「湘南イングリッシュスクール」と提携し、英語教室を実施。また、系列園と同じく「コスモスポーツ」の専任講師による体操教室も実施している。ソフトとハードの両面を充実させることで、”子どもが、今をたくましく育ち明るい未来を創りだす力の基礎を培う”という保育方針の具現化を図っている。

園舎外観
園舎外観

花水さくら保育園
所在地:神奈川県平塚市花水台10-21 
電話番号:0463-86-6646
定員:140名
開園時間:7:00~19:00
https://shinkou-kai.or.jp/sakura/

詳細地図