市制施行50周年記念事業で誕生した大型公園

平塚市総合公園

園内の小さな動物園
園内の小さな動物園

「旧・農林省果樹試験場跡地」で1991(平成3)年に開園したのが「平塚市総合公園」だ。約30ヘクタールの広さを誇り、大型公園としての機能だけでなく、「日本庭園」、「ふれあい動物園」、「わんぱく広場」、「さくらの広場」などもある。市制施行50周年の記念事業で開園した同園は、もはや市民生活には欠かせない存在だ。

園内の小さな動物園
園内の小さな動物園

園内には、プロの試合にも対応した「平塚球場」や「平塚総合体育館」、「平塚競技場」などもある。「平塚競技場」はJリーグ、「平塚総合体育館」ではBリーグが開催される。「平塚市総合公園」があることによって街は、プロスポーツが身近で親しみやすい環境となっている。

平塚市総合公園
平塚市総合公園

こうした機能のほかに、「平塚市総合公園」はもうひとつ重要な役割を担っている。つまり自然災害時の総合防災基地としてのそれである。災害時の食料品・日用品を備えた防災備蓄倉庫、飲用貯水タンクを配置しているほか、救援物資の受け入れにも対応している。

平塚市総合公園
所在地:神奈川県平塚市大原1-1 
電話番号:0463-35-2233(管理事務所)
http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/ko..

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ