“子どもが主役”の保育を実践する私立幼稚園

善行森の幼稚園

所轄官庁から認可されている私立幼稚園
所轄官庁から認可されている私立幼稚園

自由放任ではなく、一人ひとりが自分で考え、行動し、その子なりの歩みで一歩一歩成長し、多くの人と関わりながら自分を創る、“子どもが主役”を教育方針に掲げ、「いつかその子が自立できるように」という保育目標の下、保育を実践する幼稚園。1970年開園の園には現在、3歳から5歳までの210名が在籍。年齢混合・縦割り編成の6クラスがあり、平日の一般保育の他、早朝保育や延長保育、長期休暇中の自由登園や預かり保育にも対応している。

子ども達が楽しんで育ちあう教育を実践
子ども達が楽しんで育ちあう教育を実践

園では、子ども達の人格や心を大切にし、子ども中心の保育・教育理論および保育・教育を実践する「モンテッソーリ教育」を指針とし、子ども達が自分に自信を持ち、自己肯定感を培える教育環境の中で、マナーやルールの枠内でも自分で選び活動できるという「本当の自由」を学ぶ自由保育を行っている。

異なる年齢同士で生活する「異年齢混合クラス」を採用
異なる年齢同士で生活する「異年齢混合クラス」を採用

また、毎日のマラソンや外遊びといった日々の保育の他、大人が満足するための行事ではなく、子どもが主役の行事を行っている点も当園の教育の特徴。例えば、片瀬西浜で地引網体験をする遠足やプロの音楽家を招いて本物の音楽に親しむ音楽会の他、年に6回のお料理活動を行っている。日々の活動の中で、子ども達は、包丁で野菜を切って小動物にあげる、砂場遊びで砂や水を混ぜる、量を計ってバケツに水を注ぐ活動などに取り組んでおり、お料理活動はそうした普段の活動の総決算という位置づけ。子ども達は、家庭で大人が食事を作る姿を見て、「自分でもやりたい、手伝いたい」という想いを持っているため、この活動を通して、達成感を味わったり、物事に集中することを学ぶことができる。

ロールサンドやお味噌汁などいろいろな料理を作るお料理活動
ロールサンドやお味噌汁などいろいろな料理を作るお料理活動

50年前当時、園が所在するこの地域は、大規模な団地が建設されて人口が増える中、幼稚園や保育園は少なく、団地の中には預け先のない子どもたちが溢れていたという。こうした子ども達にもいい教育を受けさせてあげたいと開園した当園は、今年2020年で50周年を迎える。地域の開発も進み、街も賑わいを増しているが、園周辺には緑が残り、鳥のさえずりが聴こえ、子ども達が元気な声を出して遊べる貴重な環境が残されている。園では、「子育ては一人でするものではない。時間がある時に幼稚園に遊びに来て、一緒に子育てを楽しめるお手伝いができる存在でありたい」という想いの下、地域の方にも園庭を開放し、保護者が先生や在園の保護者と話ができる機会を設け、子育てを地域で行えるような取り組みも積極的に実践している。これまでもこれからも、地域とともに子どもを見守り続ける街の幼稚園だ。

規律のある自由の中で、子ども達は学び、成長する
規律のある自由の中で、子ども達は学び、成長する

善行森の幼稚園
所在地:神奈川県藤沢市石川3914-1
電話番号:0466-82-1515
定員:210名
教育時間:8:30~14:00
預かり保育時間:7:30~8:30、14:00~18:30
http://www.shonanfujisawa.com/~morino.y/

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ