気軽に本格フレンチを楽しめる、惣菜店兼レストラン

Le Traiteur Oguro

Le Traiteur Oguro
Le Traiteur Oguro

フランスで星付きの店がひしめくアルザス、ブルターニュで研鑽を積んだオーナーシェフが腕をふるうフランス料理を気軽に購入できる惣菜店兼レストランがあるのをご存知だろうか。JR京浜東北根岸線「山手」駅から徒歩5分。落ち着いた住宅街の中に軒を構える「Le Traiteur Oguro」だ。店名である“Traiteur(トレトゥール)”とはフランス語で惣菜という意味。フランスでは惣菜だけでなく、パンやお菓子を販売する専門店を表すという。「Le Traiteur Oguro」でも本場フランスと変わらず、フレンチをベースにした野菜、お肉、お魚料理をはじめ、自家製パンやケーキを一人前から販売している。

本格フレンチを日常に
本格フレンチを日常に

料理に使用する食材は鮮度や安全性はもちろん、水や調味料にもこだわっている。調理に使用する水は、ミネラルやうまみ成分を残しつつ、微生物や有害物質をほぼ100%除去する浄水システムを採用している。調味料は子どもからシニアまで安心して食べられるよう、保存料・合成着色料・化学調味料といった添加物は一切使わず、全て天然のものを使用。そのため、素材本来の味を味わうことができるという。

人気のオードブル
人気のオードブル

毎日の食卓に並べる惣菜を購入するのはもちろん、定番人気商品を集めたオードブルをオーダーすることも可能。みんなで集まったり、オンライン飲み会などで重宝するに違いない。クリスマスオードブルやフレンチおせち、お家ワイン会など、シーズンイベントに合わせた商品も登場する。

スイーツからも目が離せない
スイーツからも目が離せない

季節限定スイーツも忘れずにチェックしてもらいたい。気温の上がる6月~9月は、南フランス伝統のアイスクリーム「ヌガーグラッセ」や、実りの秋に登場する「タルトタタン」、クリスマスと冬の訪れを告げる「アルザス風シュトーレン」など年間を通してお世話になることが多くなりそう。店頭での販売はもちろん、全国配送もおこなっているので、自宅に居ながらにして商品を購入することが可能。お正月やお盆などで実家に帰省する際、本格フレンチを送ってもらうこともできるだろう。

Le Traiteur Oguro
所在地:神奈川県横浜市中区豆口台4番地102 
電話番号:045-625-1808
営業時間:11:00~20:00(L.O.19:30)
定休日:月曜日、木曜日(祝日の場合は営業)

https://french-oguro.com/

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ