世界文化遺産である和食を身近に感じられる

本牧まかど 豆松

本牧まかど 豆松
本牧まかど 豆松

横浜市営バス「三の谷」停留所から徒歩2分。本牧通り沿いに軒を構える「本牧まかど 豆松」は『和食をより身近に感じてもらいたい』というオーナーの思いがカタチとなった和食ダイニングだ。「本牧まかど 豆松」の前身は2012(平成24)年にオープンした「豆松カフェ」。盆栽と和食という、日本特有の文化でありながら、忘れられがちな2つのマテリアルをコラボさせ、身も心も「和」に親しめる場を提供していた。

旬の素材を使ったランチメニュー(一例)
旬の素材を使ったランチメニュー(一例)

カフェのオープンから4年、「本牧まかど 豆松」は新しい形の和食体験を提供する場として産声を上げた。世界文化遺産に指定されながらも、日本の家庭において和食が食卓に登る回数は増えていない。その一方で料亭はなかなか気軽には利用できない。「本牧まかど 豆松」は、そんなジレンマを解消したいというコンセプトのもと、暖簾のくぐりやすさとリーズナブルな利用しやすさを兼ね備えた画期的なダイニングなのだ。

「本牧まかど 豆松」内観
「本牧まかど 豆松」内観

ランチはミニ八寸、焼物、煮物、黒米ご飯、オートミール入り茶碗蒸しに味噌汁の「豆松ランチ」がおすすめ。イートインメニュー以外に、二日前までの予約で「竹籠御膳」、各種お弁当も用意されている。自宅やオフィスで気軽に本格和食をいただけるのはこの上ない喜びだ。

見た目も華やかな「おつまみ八寸」
見た目も華やかな「おつまみ八寸」

ディナーは「おつまみ八寸」や「国産生ハムあじわいセット」など酒の肴にぴったりなメニューから、四季の恵みが育んだ旬の素材をふんだんに使った五品のミニ懐石「おすすめセット」、四季の恵みが育んだ旬の素材を使った一品料理まで、幅広い選択肢が用意されている。友人知人との楽しい会食から一人でふらり、仕事の疲れを癒す晩酌までさまざまなシーンで利用可能だ。

味の染み込んだ煮魚も絶品!
味の染み込んだ煮魚も絶品!

食事の席を盛り上げる日本酒や焼酎、ワインなどアルコールも充実。日本酒とのマリアージュを楽しむイベントなども開催される。また、二日前までの要予約だが4名以上の貸切利用であれば愛犬との同伴も可能となっている。

毎日でも通いたくなる
毎日でも通いたくなる

気楽に利用できる本格和食ダイニング。生活圏内にあれば、たびたび立ち寄りたくなるようなお店だ。

本牧まかど 豆松
所在地:神奈川県横浜市中区本牧間門1-2 シャンテ本牧101
電話番号:045-623-6488
営業時間:11:30~14:00、17:00~22:00(L.O. 21:30)
定休日:月曜日、第2土曜日
https://www.mamematsu.com

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ