世界と科学の体験展示と市民文化劇場

藤沢市湘南台文化センター(こども館&市民シアター)

プラネタリウムが大人気の「藤沢市湘南台文化センター」
プラネタリウムが大人気の「藤沢市湘南台文化センター」

「藤沢市湘南台文化センター」は、未来を担う子どもたちへの教育をテーマに掲げた「こども館」を中心に、行政手続きを行える市民センターや公民館を兼ね備えた施設。2019(令和元)年には30周年を迎えた。有料施設の「こども館」には、子どもたちが遊んで学べる展示物がたくさんある。丸い球体のシンボリックな建物は、直径20メートル、全160席のプラネタリウムだ。全席リクライニングシートのため快適。江の島の展望台から見た星空を投影させたプログラムは圧巻で、約13等星までの1,000万個の星を正確に映せる投影機で、天の川の星の一つ一つを見事に再現してくれる。子ども用のプログラムから、大人向けのプログラムまであるので、幅広い世代の人々が楽しめる場所だ。

恐竜の世界をモチーフにした遊具
恐竜の世界をモチーフにした遊具

「こども館」の地下1階にある展示ホールには、森のコーナーがあり、迫力ある展示物が置かれている。取材当日も、子どもたちが元気にすべり台で遊んでいた。地域の保育園の園児なども遊びにくるそうだ。

世界の民族衣装を着ることができる
世界の民族衣装を着ることができる

同じく地下1階には、世界各国の民族衣装や帽子、世界の民族楽器、世界のおもちゃや仮面などが250点ほど展示されている。特徴は、子どもたちが展示物を実際に手に持って体験できる点。目で見るだけではなく、触ることで大きな学びがあるのだ。また、民族衣装は子どもがその場で着ることができる仕組みになっており、子どもの可愛いらしい写真を撮ることができる、隠れた撮影スポットとしても知られている。

空や宇宙に関する展示も充実
空や宇宙に関する展示も充実

こども館の2階には、太陽系軌道模型など空や宇宙に関する展示物が並んでおり、地球と他の惑星の重さの違いを手に取って比較できるアイデアグッズも展示されている。12台の映像ギャラリーやパソコン体験スペースでは子どもたちの好奇心を刺激する楽しいコンテンツが充実している。

週末や放課後には様々なワークショップを開催
週末や放課後には様々なワークショップを開催

週末の「こども館」では、「スライムを作ろう」や「クリスマススノードーム作り」など子ども向けワークショップも開催。平日の午後でも子どもたちが遊びに来れるようにと、ボルトや針金で自由に工作を楽しむ「金属素材で楽しもう」などの放課後ワークショップも実施されている。

こども館に隣接する市民シアターでは、定期的にミニコンサートが開かれる。同じく同敷地内にある市民センターでは、戸籍・住民票等の交付や各種届出の受付をしている。湘南台子育て支援センターなども併設されているので、様々な目的で利用できるのがうれしい。

藤沢市湘南台文化センター(こども館&市民シアター)
所在地:神奈川県藤沢市湘南台1-8 
電話番号:0466-45-1500
開館時間:9:00~17:00
休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月28日~1月4日)
http://www.kodomokan.jp/

詳細地図