新丸子周辺で開催されるイベントをご紹介します!

「新丸子」駅周辺には、東口の「新丸子東栄会」、西口の「西口駅前商店街 ウィズモール」、「イダイモール」、「新丸子西口本通り新栄会 」の4つの商店街が広がっています。また、「丸子山王日枝神社」や「小杉神社」、「今井神社」といった神社も点在。さらには、「川崎フロンターレ」のホームグラウンドである「等々力陸上競技場」もあります。これらの商店街や神社、競技場などでは1年を通して様々なイベントが開催されています。今回は、それらのいくつかをご紹介します。

「新丸子阿波踊り」
「新丸子阿波踊り」

「新丸子」駅の東側にある「丸子山王日枝神社」は、平安時代の初めに創建されたといわれる由緒ある神社で、季節の行事が随時行われています。年の始め、1月1日は「元旦祭」では、年が変わるとともに太鼓が打ち鳴らされお囃子が演奏され、参拝者にはお神酒やおしる粉が振舞われます。中央では焚火が焼かれ、その周りでは地域の人たちが新しい年明けを祝います。そして、第2日曜日には、「丸子どんど焼き」が行われ、広々とした丸子橋近くの多摩川河川敷で、長い竿に縛り付けた福餅を焼いて無病息災を祈ります。

平安時代の創建

「丸子山王日枝神社」(CC BY インターネット川崎ガイド)
「丸子山王日枝神社」(CC BY インターネット川崎ガイド)

無病息災を祈る

「丸子どんど焼き」(CC BY インターネット川崎ガイド)
「丸子どんど焼き」(CC BY インターネット川崎ガイド)


「丸子山王日枝神社」で一番大きな行事といえば、8月13日~15日に行われる「丸子山王祭」です。奉納演奏などが行われるほか、一番の盛り上がりは「大神輿渡御」。神社を朝9時に出発し、順番に9つの町会を巡っていきます。夕方18時頃に神社に戻ってくると名残惜しむかのように神殿を3周、そして激しい揉み合いが始まり辺りは熱気で包まれます。そのほかにも、「丸子山王日枝神社」では、「びしゃ祭(おびしゃ)」や「やまぶき祭」、「節分祭」、「酉の市」など季節毎に行事があり、どれも多くの人で賑わいます。

涼しげな境内

「丸子山王日枝神社」(CC BY インターネット川崎ガイド)
「丸子山王日枝神社」(CC BY インターネット川崎ガイド)

荘厳な雰囲気

「丸子山王祭」(CC BY インターネット川崎ガイド)
「丸子山王祭」(CC BY インターネット川崎ガイド)


「新丸子」駅周辺の商店街でも、イベントがたくさん開催されています。「新丸子東栄会」では、春と秋に「びっくり市」が開催され、子どもたちを対象にしたゲームやビンゴゲーム、屋台も並びます。「イダイモール」では6月下旬~7月上旬にかけて「イダイモール七夕まつり」、10月には「イダイモールまつり」が開催されます。「イダイモールまつり」では、フリーマーケットや似顔絵イベントをはじめ、ステージでははね跳び太鼓のパフォーマンスや中学校や高校吹奏楽部の演奏も行われます。「西口駅前商店街 ウィズモール」では12月の初めに「アーリークリスマス」が開催され、歌やダンスパフォーマンスのほか、子どもたちが主役の「お楽しみ子ども大抽選会」も行われます。

清潔な駅前

「新丸子」駅
「新丸子」駅

使い勝手のいい商店街♪

「新丸子東栄会」
「新丸子東栄会」


そして、なんといっても外せないのが11月に開催される「新丸子阿波踊り」です。4つの商店街を含め「新丸子」駅周辺一帯で開催される大きなお祭りで、2018(平成30)年からは阿波踊りの前後に中原区に関わりのあるアマチュアのミュージシャンやダンスチームが参加する「インユニティライブ」も行われるようになり、より幅広い世代が楽しめるイベントとなりました。

勇ましさと上品さが魅力

「新丸子阿波踊り」
「新丸子阿波踊り」

幅広い世代が参加

「新丸子阿波踊り」
「新丸子阿波踊り」


「川崎フロンターレ」のホームグラウンド「等々力陸上競技場」では、サポーターのみならず、大人も子どもも出かけてみたくなるイベントが開催されています。ホームゲーム開催日には場外イベント「川崎フロンパーク」が行われ、アトラクションやグルメが楽しめます。試合ごとに内容が変わるので、毎回楽しみが尽きません。そして、公式マスコット「カブレラ」が生まれた日として行われるイベント「カブの日」は、「川崎フロンパーク」は一層賑わいます。特に、カブトムシのつがいやノコギリクワガタの採集ができる「カブトムシの森」は、たくさんの子どもたちが楽しみにしています。

また、川崎フロンターレが優勝すると、「新丸子」駅西口前広場で「優勝感謝祭」が開催されます。2019(平成31)年の「イダイモール七夕まつり」には短冊として「カブレラ短冊」も登場しますし、「川崎フロンターレ」の存在は新丸子の街の活性化に一役も二役も買っていますね。

「川崎フロンターレ」のホームグラウンド

「等々力陸上競技場」
「等々力陸上競技場」

 2018年のJ1リーグ優勝パレード

「川崎フロンターレ 優勝感謝祭」
「川崎フロンターレ 優勝感謝祭」


「新丸子」駅の西側、「等々力陸上競技」場近くにある「小杉神社」でも、9月に例大祭が行われます。「武蔵小杉」駅周辺から神社まで、大神輿が1日かけて街中を練り歩きます。「小杉神社」の境内には露店が並び、神楽殿では「川崎市立中原中学校」のブラスバンド演奏や、地域の和太鼓や獅子舞、日本舞踊なども披露されます。

10月に「等々力緑地」で行われる区民祭「なかはら“ゆめ”区民祭」も、地域密着のイベントです。音楽演奏やダンスパフォーマンス、神輿・囃子パレード、消防団の車両見学や煙体験、小動物園、模擬店など、大人から子どもまでみんなで楽しめます。

例大祭は9月

「小杉神社」(CC BY インターネット川崎ガイド)
「小杉神社」(CC BY インターネット川崎ガイド)

多くの人で賑わう♪

「なかはら“ゆめ”区民祭」(CC BY インターネット川崎ガイド)
「なかはら“ゆめ”区民祭」(CC BY インターネット川崎ガイド)


また、新丸子から少し足を伸ばせば夏には「川崎市制記念多摩川花火大会」も楽しめます。二子橋付近の多摩川河川敷で行われるもので、以前は8月に行われていましたが、近年は10月に変更して行われています。約6,000発の花火が打ち上げられ、一番の見どころは音楽に合わせて打ちあがる「ハナビリュージョン」です。

「川崎市制記念多摩川花火大会」(CC BY インターネット川崎ガイド)
「川崎市制記念多摩川花火大会」(CC BY インターネット川崎ガイド)

ハナビリュージョン!

「川崎市制記念多摩川花火大会」(CC BY インターネット川崎ガイド)
「川崎市制記念多摩川花火大会」(CC BY インターネット川崎ガイド)


いかがでしたか?そのほかにも、「新丸子連合会館」で行われる春の「丸子笑店寄席」など、人気イベントがまだまだたくさん。どれも、それぞれに違った楽しみが詰まったイベントですので、ぜひ、いろいろなところに出かけてみてください。


発見ポイント!

「日枝神社山王祭」(CC BY インターネット川崎ガイド)
「日枝神社山王祭」(CC BY インターネット川崎ガイド)

  • (1)「新丸子阿波踊り」や「イダイモールまつり」など、幅広い世代が楽しめるイベントが盛りだくさん!
  • (2)「川崎フロンターレ」は趣向を凝らした多くのイベントを実施し、街に活気を与えている!
  • (3)「川崎市制記念多摩川花火大会」では約6,000発の花火が打ちあがる!