地域に開かれた保育施設

瀬谷第二保育園

「瀬谷第二保育園」
「瀬谷第二保育園」

相鉄本線「瀬谷」駅から徒歩8分の場所にある保育園。1980(昭和55)年6月に横浜市立保育園として設立された。1,754平方メートルの敷地内には、園舎のほか、ジャングルジムやすべり台、プールなど、子どもたちが思い切り体を動かして遊べる園庭も備えられている。また、シンボルツリーともいうべき大きなイチョウの木が植樹されており、夏には大きな木陰が子どもたちを優しく包み込む。四季の変化によって表情を変えるイチョウの木は時の移り変わり、生命の大きさを教えてくれる。

「瀬谷第二保育園」外観
「瀬谷第二保育園」外観

保育理念は「子どもが本来持っている『育つ力』を十分に発揮し、自らの人生を主体的に生きてゆけるように環境を整え、適切な援助をすること」。

・心と体の自立 を促す保育

・人と関わる力を養う保育を保育方針として

「心とからだが健康な子」

「感性の豊かな子」

「いきいきと活動する子」

「友だちといっぱい遊ぶ子」 の育成を実践している。

夏には子どもたちの元気な声が響くプール
夏には子どもたちの元気な声が響くプール

妊婦さんと0才児が交流する「こんにちは赤ちゃん(予約制)」や水あそびも実施されているほか、七夕や節分、ひなまつりなど季節の行事には地域の親子の招待も行っている。毎年6月には週に1度、未就園の子どもと交流できる「どろんこ交流」を実施するなど広く地域に開かれている。平日は午前7時から午後7時まで、土曜日は午前7時30分から午後6時30分までの保育(※延長保育を含む)を実施している。働く保護者にとっては大変心強い。

隣接する「瀬谷第三公園」は散歩コースとなっている
隣接する「瀬谷第三公園」は散歩コースとなっている

園に隣接する「瀬谷第三公園」も落ち着いた雰囲気の公園で、春には桜色に染まる。この公園は園児の散歩コースとしてもよく利用される。「瀬谷第二保育園」は授乳やおむつ替えにも利用できる「あかちゃんの駅」としても開放されているので、子どもを公園で遊ばせる際にも心強い。

瀬谷第二保育園
所在地:神奈川県横浜市瀬谷区瀬谷3-18-2 
電話番号:045-302-8122
開所時間(延長時間を含む):平日7:00~19:00、土曜日7:30~18:30
休園日:日曜日、国民の祝日に関する法律に規定する休日、年末年始(12月29日~1月3日)
https://www.city.yokohama.lg.jp/seya/kur..

詳細地図