子どもたちが元気に走り回れる、街のシンボリックな公園

相模大野中央公園

「相模大野中央公園」の芝生広場。広々とした空間でのびのび過ごすことができる
「相模大野中央公園」の芝生広場。広々とした空間でのびのび過ごすことができる

小田急「相模大野」駅から徒歩4分ほどの場所に、緑に囲まれた公園がある。広さは2.7ヘクタール。芝生の植えられた広場を中心に、その回りを歩道がぐるりと囲む。芝生広場は青々とした芝が広がり、子どもが走り回って転んでも怪我をしなさそうなので、お母さんにとっては安心。天気のいい日は、寝転んで日向ぼっこするのもよさそうだ。

「相模女子大学」「神奈川県立相模原中等教育学校」と住宅街に隣接する公園は、地域住民の憩いの場
「相模女子大学」「神奈川県立相模原中等教育学校」と住宅街に隣接する公園は、地域住民の憩いの場

散歩するもよし、軽くジョギングをして体を鍛えるのもよし、ベンチがあるので休憩するのもいい。子どもにとってちょうどいい広さの公園で、元気に遊びまわる子どもたちはみんないきいきとしている。ベビーカーで赤ちゃんと一緒に散歩するお母さんの姿もみられた。

公衆トイレも設置してあるので、子ども連れでも安心
公衆トイレも設置してあるので、子ども連れでも安心

公園の一画にあるちびっこ広場には、見た目が可愛い滑り台やカラフルなブランコ、アスレチックなどの遊具が設置されている。いずれの遊具も写真映えするデザインになっているので、記念写真を撮るのにピッタリ。この日も、男の子も女の子も活発に遊びまわっていた。

季節ごとに移り変わる花々を楽しめる花壇
季節ごとに移り変わる花々を楽しめる花壇

季節ごとに植え替えられる花も見所。園内の所々に花壇があり、季節を感じさせてくれる。1月には寒さに強く冬に彩りを与えてくれるパンジー、3月には黄色い花が幸せを運んでくれるヒュウガミズキ、7月には見る者を釘付けにするほど可憐なマリーゴールド、8月から9月にかけては情熱的な赤い花を咲かせるサルビアなどを観賞することができる。

「さがみおおのハロウィンフェスティバル」は1989(平成元)年に開始された、地元の人々に愛されるイベント
「さがみおおのハロウィンフェスティバル」は1989(平成元)年に開始された、地元の人々に愛されるイベント

街のシンボリックな公園なのでイベントにも活用されている。屋台が並ぶグルメイベントや、プロミュージシャンが参加する音楽の野外フェスなども開催されている。子どもの遊び場として、地域の交流の場として愛される「相模大野中央公園」。天気のいい日にはぜひ利用したい。

相模大野中央公園
所在地:神奈川県相模原市南区相模大野4-2 
電話番号:042-742-8648
https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/..

詳細地図