大正時代創業の婦人服専門店

サクマ本店

大正時代に創業した「サクマ本店」は、年齢を感じさせないベーシックな婦人服を扱っている。店主の佐久間さんは、学業を終えると神戸で修業に入る。家業に入ってからはバブル経済とその後の不景気も経験。現在では、「小田原銀座商店会」の会長も務めている。

外観
外観

「小田原銀座商店会」では、電線地中化工事事業が進められているが、それに合わせて街路樹をおかめ桜にしたことや、街灯を青銅色のガス灯風にしたことなどにも深く関わっている。電線地中化工事が全て終わる3~4年後には、今とは異なる雰囲気の商店街になっていることだろう。

店内の様子
店内の様子

同商店会が開催するユニークなイベントに、「小田原提灯コワかわお化けツアー in 銀座商店街」がある。お化けを恐れる対象ではなく、八百万の神々に連なる“かわいらしい店舗の守り神”として捉え、商店会に加盟する店舗のイメージに合った小田原提灯のオブジェを展示。商店街はいつもと異なる雰囲気をまとい、子どもたちも楽しみにしているそうだ。

店内の様子
店内の様子

2012(平成24)年の第1回から回を重ねるごとに展示数は増え、商店街のさらなる回遊性向上が期待されている。しかし、イベントがあって商店街があるのではない。商店街が賑わってこその様々な展開なのだ。そのために必要なのは、若い世代による新たな出店だろう。

店内の様子
店内の様子

新旧の混在という一言で語れるほど単純な話ではないかもしれないが、商店街文化を肯定的に捉える国民性がある限りは、これからも地域に欠かせない存在感を示し続けるに違いない。

サクマ本店
所在地:神奈川県小田原市栄町2-13-8 
電話番号:0465-22-2868

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ