魚國

小田原で生活していれば、「魚國」の名を一度くらいは耳にしたことがあるのではなかろうか。1911(明治44)年に創業した「魚國」は、地域に根ざした老舗鮮魚店。現在は「小田原錦通り商店街」の一角に本社ビルがある。代表取締役を務める古川社長の祖父が創業者で、当時は、天秤棒を担いで街を歩き回るような時代だったそうだ。朝網で捕れた魚を売りながら、御用聞きとして要望があれば夕網の魚を再び届けにいくという形態の商売だった。

魚國
魚國

「小田原」駅の周辺には、“海鮮”を掲げている飲食店が実に多い。伊豆半島と三浦半島に囲まれ、多用な魚がいる相模湾が近いというのが理由だ。その豊かな漁場で揚がった魚が集まる「小田原市場」が「魚國」の仕入先。地元の定置網漁で捕れた魚をはじめ、伊豆半島などからも陸送で集まってくる。

魚國
魚國

規模の大小を問わず、多くのスーパーマーケットには鮮魚売場が設けられているが、「魚國」ではそこに並ばないような魚も扱っている。地元客や観光客だけでなく、店を営んでいる料理人も買い付けにやってくるというのも頷ける話だ。“街の魚屋さん”としての側面もあるが、プロが頼りにする“魚の専門商社”としての顔もある。

魚國
魚國

スタッフが魚をさばいてくれるので、料理が苦手な人でも安心だ。それより気軽に「魚國」の魚を食べたいというのであれば、「小田原ラスカ」にある直営の「海鮮茶屋 魚國」に行くという選択肢もある。地魚だけでなく農産物から日本酒にいたるまで、できる限り地元産を使うようにしているとのこと。それ以外にも、「HaRuNe小田原」の「海鮮横丁 うおくに」と惣菜店も系列店だ。

魚國
魚國

古川社長は、「魚國」の経営者であると同時に2012(平成24)年から「小田原錦通り商店街 協同組合」の理事長も務めている。これまで同組合では、歩道の整備をはじめ、防犯カメラやAEDの設置、街路灯、街頭放送の充実に取り組んできた。猿まわしなどのイベントをはじめ、冬にはイルミネーションでも通行人を楽しませてくれる。

魚國
魚國

代表取締役社長と理事長という肩書きだけでも多忙な日々が予想されるが、それに加えて「NPO法人 みんなでお城をつくる会」の副理事長も務めている。同会が目指しているのは「小田原城」の天守木造化。“みんなで”と付いているからも窺えるが、市民参加型の新しい公共事業がもたらす恩恵を主張している。遺産の復元によって地域のつながりを深めると同時に、地域社会と地域経済の活性化を目指している。

魚國
所在地:神奈川県小田原市栄町2-8-12 
電話番号:0465-23-1777
http://www.odawara-uokuni.jp/

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ