エリア概要コラム

「小田急相模原」駅から都心にも快適にアクセス。買い物利便や緑にも恵まれた相模原市南区南台

相模原市南区は相模原市の南部に位置し、小田急小田原線沿線を中心にベッドタウンとして発展した。「小田急相模原」駅の北側に位置する南台は相模原市の南端にあたり、さらに南側は座間市となっている。第二次世界大戦前、現在の相模原市には陸軍の施設が数多く造られ、南台周辺にも「旧日本陸軍電信第1連隊」や「東京第三陸軍病院」が設置されている。第二次世界大戦後は「旧日本陸軍電信第1連隊」は米軍の住宅に、「東京第三陸軍病院」は「国立病院機構 相模原病院」などに生まれ変わっている。

小田急小田原線で東京都心直結

小田急小田原線「小田急相模原」駅
小田急小田原線「小田急相模原」駅

「小田急相模原」駅に近い南台は交通アクセスの利便性も高い。「小田急相模原」駅には小田急小田原線の各駅停車のほか、通勤準急と準急が停車する。小田急小田原線に乗れば「新宿」駅にダイレクトアクセスできるほか、朝の通勤時間帯には東京メトロ千代田線直通電車もあり、「表参道」駅や「大手町」駅にも乗り換えなしで移動できる。小田急小田原線は複々線化の完成により、所要時間が短縮されたほか、電車が大幅に増発され、利便性が向上している。
毎週金曜日の深夜に運行される「東京」駅や「新宿」駅からの深夜急行バスも「小田急相模原」駅に停車し、終電に乗り遅れても帰宅できることもうれしい。

再開発で新たなショッピング施設が誕生

「小田急相模原」駅前の「ペアナードオダサガ」
「小田急相模原」駅前の「ペアナードオダサガ」

南台は買い物の利便性も高い。「小田急相模原」駅前には再開発によって誕生した「ラクアル・オダサガ」と「ペアナード・オダサガ」といった複合ショッピング施設があり、スーパーマーケットやドラッグストア、クリニックなど生活に密着した施設が揃う。

サウザンロード相模台商店街
サウザンロード相模台商店街

また、「小田急相模原」駅周辺には「イトーヨーカドー 相模原店」のほか、「サウザンロード相模台商店街」や「アクト南口一番街商店街」といった昔ながらの商店街も広がり、多彩な買い物を楽しめる。さらに、車で約10分程足をのばせば、2018(平成30)年にオープンした「イオンモール座間」があり、大規模ショッピング施設も使いやすい。

子育て世代が暮らしやすい環境

全国的にも有名な「東海大学付属相模高等学校・中等部」
全国的にも有名な「東海大学付属相模高等学校・中等部」

南台周辺には「豊泉幼稚園」や「立正保育園」など複数の幼稚園・保育施設が揃い、子育てファミリーが暮らしやすい環境が整う。「相模原市立相模台小学校」や「相模原市立相模台中学校」のほか、野球の強豪校としても全国的に有名な「東海大学付属相模高等学校・中等部」も近く、教育の選択肢にも恵まれている。また、「小田急相模原」駅周辺には小・中学生向けの学習塾や、在日米陸軍相模原住宅などが近いことから英会話教室やインターナショナルスクールなども多い。

相模原市内「ふれあい親子サロン」の様子(上鶴間こどもセンターの事例)
相模原市内「ふれあい親子サロン」の様子(上鶴間こどもセンターの事例)

相模原市では市内24か所にある子どもセンターなどを活用し、「ふれあい親子サロン」を開催するなど、子育て支援も充実している。特に南台からは「相模台こどもセンター」が利用しやすいだろう。相模原市の小児医療費助成金は中学3年生まで対象となっていることも特徴だ。

緑豊かな公園も身近

桜をはじめ季節の草木を楽しめる「さくら百華の道」
桜をはじめ季節の草木を楽しめる「さくら百華の道」

南台周辺には自然に親しめるスポットも多い。日本で最初の近代水道として知られる横浜水道の上に整備された緑道「横浜水道道緑道」や、地元の有志で設立されたNPOによって管理される「さくら百華の道」など、四季折々の風景を楽しみながら地域の散策ができる。

緑豊かな「神奈川県立相模原公園」
緑豊かな「神奈川県立相模原公園」

遊具がある児童公園から、少し足をのばせば「神奈川県立相模原公園」や「座間谷戸山公園」などの緑豊かな大規模公園もある。
交通アクセスや買い物環境、子育て環境に恵まれた相模原市南区南台。ここは住環境もよく、快適な暮らしを楽しめるだろう。

あわせて読みたい。関連ページ