SPECIAL REPORT

7周年目にして大きなリニューアルを遂げた「グランツリー武蔵小杉」を徹底レポート

「武蔵小杉」駅から徒歩4分の場所に位置し、敷地面積約2万4,900平方メートルを誇る大型商業施設「グランツリー武蔵小杉」。再開発により、駅周辺は利便性の高い複合施設が立ち並ぶ中、地域のランドマークとも言える存在です。多くの子どもたちが思う存分に遊べるスペースがありながら、若者からお年寄りまで多くの人に愛されるスポットとしてにぎわいをみせています。今回は、7周年を迎え、街とともに進化し続ける「グランツリー武蔵小杉」を取材し徹底レポートします!

今回特別に、販促担当マネージャーの島田さんにお話を伺いました。

-グランツリーについて、教えてください!

「7周年ということで大きな節目を迎えました。時代の変化や地域の方のニーズの変化に合わせて、よりよいショッピングモールへとバージョンアップするべく、テナントの刷新も含め、開業以来で最も大規模なリニューアルとなっています。元々、ベビーカーママを一番のターゲットとしていましたが、感度の高い一人暮らしの方も多いという事がわかり、そういった方々も含めて一層楽しんでいただけるように進化しています。」

「また、地域のお客様に継続して喜んでいただけるよう、引き続き、地元の学校や行政、企業などとも連携したイベントも開催をしていきたいと思っています。もちろん、お買い得なキャンペーンも強く意識して行っていきたいですね。」

販促担当マネージャー 島田さん
販促担当マネージャー 島田さん

多くの人の憩いの場

1階の広場では、多彩なイベントが開催されている
1階の広場では、多彩なイベントが開催されている


-おすすめの過ごし方、楽しみ方を教えて下さい!

「天気の良い日は、屋上庭園でのんびりしながらご飯や飲み物を楽しんでいただけると嬉しいですね。1階のレストラン街や食物販、4階のフードコートなど、“食”についてもかなり力をいれています。また、県内2番目の大きさとなっている『無印良品』さんも、“食品”に力をいれていただいていますので、食という点についてもぜひ、楽しんでいただければと思っています。」

「これからもグランツリーは、より魅力的なショッピングセンターを目指し進化を続けていきたいなと思います。より地域の皆様に愛される商業施設であることを1番に考えて参ります。」

多彩な“食”にも注目

さまざまな食のテナントが並ぶ、1階の様子
さまざまな食のテナントが並ぶ、1階の様子

陽射しが気持ちいい

屋上「ぐらんぐりんガーデン」で一息つくのもいい
屋上「ぐらんぐりんガーデン」で一息つくのもいい


ここからは、実際に「グランツリー 武蔵小杉」を巡ってみましょう!

まずは、「GOOD PUBLIC」をフロアテーマとしている1階から。毎日立ち寄りたくなるマルシェのような賑わいを見せるフロアには、「イトーヨーカドー」をメインに、「久世福商店」や「TOMIZ」といった食物販のお店も多彩に揃います。今回のリニューアルで新たにオープンした「北海道ライブマルシェ」には、地元で愛されているソウルフードや道外では中々手に入らない食品なども並び、美味しい北海道に出会えること間違いなし!他にも「BEAMS」などのセレクトショップや、レストラン街「GOURMET WALK」も見逃せません。

抜群の品揃え

多彩な生鮮食品が揃う「イトーヨーカドー」
多彩な生鮮食品が揃う「イトーヨーカドー」

ザンギなどの
テイクアウトも出来る

新たにオープンした「北海道ライブマルシェ」
新たにオープンした「北海道ライブマルシェ」


続いて、「CLOSET&MIRROR」をテーマとする2階を見てみましょう

まるで大きなクローゼットのように、トレンドファッションやビューティ関連のショップが並ぶフロアとなっています。「niko and…」、「ZARA」、「GAP」など数々のファッションブランド店から、インテリア雑貨やコスメを扱う店舗が揃います。一息つけるカフェもあるため、買い物の途中でも、ゆったり贅沢な時間を過ごすことが出来ますね。

お気に入りのショップが見つかるはず

ビューティ関連のショップが並ぶ2階の様子
ビューティ関連のショップが並ぶ2階の様子

お得な情報もキャッチアップ

リニューアルに伴い大型スクリーンも設置されています
リニューアルに伴い大型スクリーンも設置されています


3階にも注目のショップがたくさん入っています!

街のカルチャーをここから発信していくべく、「GOOD CULTURE」とテーマ付けられた3階では、ファッションはもちろん雑貨やインテリアなどのひときわお洒落なショップが並びます。シューズだけではなく、人気ブランドのアパレルアイテムなども幅広く取り揃える「ABC-MART GRAND STAGE」や、充実の品揃えの「無印良品」、テントや人気のアウトドアグッズが並ぶ「snow peak」などなど、見て回るだけでも十分に楽しめます。

毎週でも訪れたくなる

こだわりのアイテムが揃う3階の様子
こだわりのアイテムが揃う3階の様子

充実の食料品も注目

県内2番目の売り場面積を誇る「無印良品」
県内2番目の売り場面積を誇る「無印良品」


4階には、子どもたちにも大人気の空間が広がっています

「GOOD GROWING」をテーマとして、親と子に豊かな学びを与えてくれるフロア。2021(令和3)年11月に新たにオープンした「TOYLO PARK」は、広々としたスペースにおもちゃや子ども用品がズラリと並んでいます。その1画には、光と音が弾けるボールプールや、AR技術を使った砂遊び、紙に描いたラクガキが動き出すデジタル紙相撲など、“昔ながらの遊び”にデジタル技術が融合したアトラクションが集まる「TOYLO PARK powered by リトルプラネット」があり、子どもたちに新しい体験を与えられます。

他にも、「アカチャンホンポ」や「ボーネルンド あそびのせかい」、「サンリオギフトゲート」など、子どもたちが喜ぶショップが実に豊富に並んでいます。広々としたフードコートでは、中華から洋食、スイーツまで大人も子どもも大満足のグルメ店が揃います。

大人もわくわくする空間

新たにオープンした「TOYLO PARK」
新たにオープンした「TOYLO PARK」

今日は何を食べようか

休日には席が全て埋まるほどのにぎわいを見せる
休日には席が全て埋まるほどのにぎわいを見せる


休日は多くの子どもたちでにぎわう「ぐらんぐりんガーデン」を見てみましょう!

屋上には、季節の樹木や花々が美しい、日本最大級の屋上庭園「ぐらんぐりんガーデン」が広がっています。「森のトンネル」や「黒板の床」、「えんぴつ迷路」に「くじらの噴水」といったこども心をくすぐる楽しい仕掛けが満載です。レモンやザクロ、オリーブにイチジクなど植物たちを探してみるのもいいですね。大人も一緒に遊んだり、ベンチで一息つくことも出来ますよ♪

緑も多く、目にも楽しい空間

「ぐらんぐりんガーデン」の一画
「ぐらんぐりんガーデン」の一画

キュートなデザイン

夏場はびしょびしょになって楽しめる「くじらの噴水」
夏場はびしょびしょになって楽しめる「くじらの噴水」


さまざまなイベントが開催され、何度来ても新しい出会いが待っています!

1階から屋上まで、1日では回りきれないほど充実したお店が揃う「グランツリー武蔵小杉」。何度来ても新しい発見があり、イベントスペースでの期間限定イベントも見逃せません。例えば、日本全国の人気コーヒーショップが集う「WE LOVE COFFEE」や館内全体を使ってワークショップやスタンプラリーなどが行われる「なかはら未来こどもフェスタ」など、多彩なイベントが開催されています。

7周年目で、新たなスタートを切った「グランツリー武蔵小杉」。地域から愛され続けるショッピングモールとして、武蔵小杉での暮らしに欠かせない存在となっていました。


発見ポイント!

「ぐらんぐりんガーデン」のバグバグフレンズ
「ぐらんぐりんガーデン」のバグバグフレンズ

  • (1)ショッピングはもちろん、食の楽しみも充実!
  • (2)多彩なショップで、一人でもファミリーでも過ごし方はさまざま!
  • (3)お目当てやその日の気分で、テーマにあったフロアを満喫できる!

\ 私が紹介しました/

admin