エリア概要コラム

新駅誕生でさらに利便性が向上。落ち着いた住環境が魅力の保土ケ谷区峰沢町

横浜市保土ケ谷区は横浜市のほぼ中央に位置し、横浜市中心部に近接しながらも緑豊かな環境に恵まれた住宅地が広がっている。「三ツ沢上町」駅の西に広がる峰沢町も駅に近い利便性と、落ち着いた佇まいを併せ持つベッドタウンだ。2019(令和元)年11月には峰沢町の北西側に新しく「羽沢横浜国大」駅が誕生予定。交通利便性も向上し、新生活への期待も大きい注目のエリアとなっている。

相鉄新横浜線、東急新横浜線開通で交通アクセスの利便性が向上

横浜市営地下鉄ブルーライン「三ツ沢上町」駅
横浜市営地下鉄ブルーライン「三ツ沢上町」駅

「三ツ沢上町」駅に近い峰沢町は交通アクセスの利便性も魅力となる。「三ツ沢上町」駅から「横浜」駅には、横浜市営地下鉄ブルーラインに乗って直通3分でアクセス可能。「横浜」駅には「片倉町入口」停留所からのバスも利用できる。
「横浜」駅からはJR東海道線、JR横須賀線、JR京浜東北線で「東京」駅方面、JR湘南新宿ラインで「新宿」駅方面、東急東横線とJR湘南新宿ラインで「渋谷」駅方面にアクセスでき、東京都心方面へもスムーズだ。

また、「横浜」駅からは「羽田空港」や「成田空港」への直通電車や直行バスが利用できるほか、横浜市営地下鉄ブルーラインに乗れば東海道新幹線の「新横浜」駅にもアクセスしやすく、旅行や出張の際のアクセスも良い。

相鉄新横浜線が乗り入れる予定の「羽沢横浜国大」駅
相鉄新横浜線が乗り入れる予定の「羽沢横浜国大」駅

さらに現在峰沢町の北側では、相鉄新横浜線、東急新横浜線の工事が進められている。2019(令和元)年11月には、「羽沢横浜国大駅」が新しく誕生し、相鉄新横浜線とJR線との直通運転がスタート。さらに、2022(令和4)年度には東急新横浜線を経由して東急東横線、東急目黒線との直通運転も始まる予定だ。峰沢町からは「羽沢横浜国大」駅が徒歩圏内となり、東京都心方面へのアクセス向上が期待されている。

「横浜」駅周辺の大規模ショッピング施設も身近

ドラッグストアなども入る「ユーコープ片倉店」
ドラッグストアなども入る「ユーコープ片倉店」

峰沢町周辺には「ユーコープ片倉店」や深夜0時まで営業している「まいばすけっと 三ツ沢上町駅東店」などスーパーマーケットもあり、仕事帰りの買い物にも便利。「ユーコープ片倉店」には子ども服専門店「西松屋」やドラッグストア「HACドラッグ」が入居しており、多彩な買い物を済ませることができる。

さらに、このエリアの最大の魅力は、華やかな買い物施設が揃う横浜・みなとみらいを日常使いできること。横浜市営地下鉄ブルーラインで「横浜」駅・「桜木町」駅まで出れば、「横浜タカシマヤ」や「そごう 横浜店」、さらには「Mark Is みなとみらい」などの大規模ショッピング施設も利用でき、平日・休日ともに買い物の楽しみも豊富だ。

恵まれた子育て環境

「三ツ沢幼稚園」など子育て施設が揃う
「三ツ沢幼稚園」など子育て施設が揃う

峰沢町周辺には「三ツ沢幼稚園」や「三ツ沢保育園」など幼稚園、保育施設が充実し、子育て環境にも恵まれている。小学校や中学校も通いやすい場所にある。

横浜市では新入学時、転入学時に指定された学校が遠距離にあり、指定された学校よりも近くに学校があるなどの理由で、指定された学校以外の学校への通学を希望できる指定地区外就学許可制度もある。

また、周囲には子育てサークルの活動場所としても使われている「沢渡三ツ沢地域ケアプラザ」、乳幼児とその保護者が利用できる「親子のひろば」があるほか、相鉄本線「星川」駅前には、子育て相談にも対応している保土ヶ谷区地域子育て支援拠点「こっころ」もあり、子育てをサポートしてもらえる施設が点在している。

休日のお出かけスポットも豊富

多彩な施設が集まる「三ツ沢公園」
多彩な施設が集まる「三ツ沢公園」

峰沢町周辺は緑が豊かなことも魅力だ。エリアの南に広がる「三ッ沢公園」には子どもに大人気の「ロングローラースライダー」、テニスコートなどスポーツ施設が揃い、ファミリーで楽しめる。桜の名所としても親しまれ、春には多くの人々が花見に訪れる。さらに、すこし足を延ばせば「MARINE & WALK YOKOHAMA」、「横浜ランドマークタワー」、「IKEA港北」、「横浜中華街」など人気のスポットが揃い、休日の楽しみは尽きない。

MARINE & WALK YOKOHAMA(マリン アンド ウォーク ヨコハマ)
MARINE & WALK YOKOHAMA(マリン アンド ウォーク ヨコハマ)

交通アクセス、ショッピング施設、子育て環境、休日のお出かけスポットに恵まれた横浜市保土ケ谷区峰沢町。ここでは充実した日々を満喫できるだろう。

あわせて読みたい。関連ページ