アクセス利便性が更に増し、子育て環境や自然にも恵まれた横浜市瀬谷区三ツ境エリア

暮らしの利便性と緑豊かで穏やかな佇まいが共存

「三ツ境」駅周辺の様子
「三ツ境」駅周辺の様子

横浜市瀬谷区は横浜市の西部に位置し、なだらかな丘陵地に形成された緑豊かなベッドタウンが広がる。相鉄本線「三ツ境」駅周辺に広がる三ツ境エリアも、和泉川沿いの水辺や公園など自然に恵まれ、穏やかな佇まいの住宅地として注目されている。

横浜市内で最も標高が高い駅として知られる「三ツ境」駅は、「横浜」駅のほか相鉄・JR直通線で「渋谷」駅や「新宿」駅にもダイレクトアクセスできるなど、交通の利便性も高い。「三ツ境」駅周辺にはスーパーマーケットが揃うほか、「横浜」駅周辺のショッピング施設も使いやすく、買い物も便利だ。

相鉄新横浜線、東急新横浜線でさらなる利便性向上に期待

相鉄本線「三ツ境」駅
相鉄本線「三ツ境」駅

「三ツ境」駅に近い三ツ境エリアは交通アクセスの利便性も魅力といえよう。「三ツ境」駅は近年のリニューアルで、バリアフリー設備の整備に加え、太陽光集光装置、駅舎壁面の緑化などが行われ、先進的で使いやすい駅に生まれ変わった。

「三ツ境」駅には相鉄本線の特急以外の全ての電車が停車し、利用できる電車の本数が多い。「横浜」駅からはJR東海道線やJR湘南新宿ライン、東急東横線、京急本線など多くの路線が接続し、各方面にスムーズにアクセスできる。

2019(令和元)年11月の相鉄・JR直通線開通で「三ツ境」駅から「渋谷」駅や「新宿」駅への直通電車が利用できるようになり、東京都心へのアクセスがさらに便利になった。2023(令和5)年度には相鉄本線「西谷」駅から「新横浜」駅を経て「日吉」駅に至る相鉄新横浜線、東急新横浜線が開通する予定だ。開通後は東急東横線や東急目黒線への直通電車も運行される予定で、今後の利便性向上も期待できる。

行政の中心地ならではの充実した公共施設

「瀬谷区役所」も徒歩圏内
「瀬谷区役所」も徒歩圏内

三ツ境エリアは「瀬谷区役所」を擁する横浜市瀬谷区の行政の中心地だ。「横浜市瀬谷公会堂」など公共施設も集まり、行政手続きや公共サービスの利用がしやすいのもこのエリアならではの魅力だ。

2021(令和3)年9月に完成した「ライフゲート瀬谷」には、「瀬谷区民文化センター あじさいプラザ」が入る。「ライフゲート瀬谷」と「瀬谷」駅はペデストリアンデッキで直結されており、コンサートや演劇などの芸術を気軽に楽しめるようになるだろう。

エリア内に多彩なショッピング施設が揃う

三ツ境エリアには24時間営業のスーパーマーケット「西友阿久和店」をはじめ、ドラッグストア「クリエイト エス・ディー 瀬谷阿久和店」、100円均一ショップ「ダイソー 瀬谷阿久和店」などが揃い、日常の買い物が便利だ。

ディスカウントスーパー「オーケー 三ツ境店」などが集まる「三ツ境eモール」
ディスカウントスーパー「オーケー 三ツ境店」などが集まる「三ツ境eモール」

「西友阿久和店」の南には、ディスカウントスーパー「オーケー 三ツ境店」、ドラッグストア「マツモトキヨシ 瀬谷eモール店」、100円均一ショップ「セリア 三ツ境eモール店」などが入る「三ツ境eモール」もあり、多彩な買い物をまとめて済ませられる。

「三ツ境」駅北口の駅ビルは「相鉄ライフ三ツ境」は2018(平成30)年にリニューアルオープンし、「スターバックス コーヒー TSUTAYA 相鉄ライフ三ツ境店」を併設する「TSUTAYA BOOKSTORE 相鉄ライフ三ツ境」など人気のショップも加わった。「相鉄ライフ三ツ境」内のスーパーマーケット「そうてつローゼン 三ツ境店」は1963(昭和38)年にオープンした相鉄ストアの1号店としても知られている。

人気のショップも多く入る「相鉄ライフ三ツ境」
人気のショップも多く入る「相鉄ライフ三ツ境」

「三ツ境」駅南側には2019(令和元)年にリニューアルされたスーパーマーケット「イオンフードスタイル三ツ境」があり、ベビー用品の「西松屋イオンフードスタイル三ツ境店」や家電の「ノジマ イオンフード三ツ境店」など専門店も入る。

「三ツ境」駅周辺には「三ツ境駅前商店街」や「三ツ境中央通商店街」といった商店街も広がる。瀬谷区内の商店街では協力してイベントなどを行っているほか、「三ツ境駅前商店街」では2021(令和3)年4月に商店街マップも作成するなど活性化に努めている。イベントに参加したり、マップを片手に買い物したりするのも楽しいひと時になるだろう。

子育て支援施設も近く、気軽に利用できる

横浜市では未就学児の遊び場となり、その保護者の交流の場となる地域子育て支援拠点「にこてらす」など各区に子育て支援施設を設けており、子育てファミリーが暮らしやすい環境が整う。瀬谷区では「三ツ境」駅の北西、中原街道近くに建つ「せやまる・ふれあい館」内に「にこてらす」がある。初めて育児する親向けの「赤ちゃん教室」が「原中学校コミュニティスクール」で開催されているのも安心だ。

「横浜市立三ツ境小学校」では「放課後キッズクラブ」も行われている
「横浜市立三ツ境小学校」では「放課後キッズクラブ」も行われている

横浜市では小学生が放課後を過ごせる場所として「放課後キッズクラブ」と「放課後児童クラブ(学童保育)」も行っている。「横浜市立三ツ境小学校」でも放課後キッズクラブが行われており、一部の時間帯は「横浜市立三ツ境小学校」の児童なら誰でも利用可能、留守家庭の児童などはその後17時または19時まで利用できる。

暮らしの中で水や緑を満喫

三ツ境エリアは自然も身近だ。エリアの西を流れる和泉川沿いには「二ツ橋水辺公園」や「東山ふれあい樹林」など水と緑を楽しめるスポットが充実し、折に触れて散策すれば、季節の移ろいを感じられるだろう。

真っ白な遊具も印象的な「ホワイト公園」
真っ白な遊具も印象的な「ホワイト公園」

ホワイト公園」や「三ツ境大原第三公園」など遊具が揃い、子どもの遊び場に適した公園が点在するほか、アスレチックやロング滑り台がある「二ツ橋公園」など子どもに人気の大規模公園も近い。

東京都心や横浜市中心部にアクセスしやすく、買い物が便利で、子育て環境にも恵まれた三ツ境エリア。ここはファミリーの住まいの場として理想的なまちといえよう。

あわせて読みたい。関連ページ