スペシャルインタビュー

生まれ育った平塚で、サーフィンを楽しみ、ショップやスクール開校も。「Plumeria Surf Design」本荘睦さん

サーフィンと出会ったことが全ての始まりだった。「Plumeria Surf Design(プルメリア サーフ デザイン)」のオーナー・本荘 睦さんがプロサーファーとして活動をスタートさせたのは20歳のとき。大会への参加と並行して、サーフボードの表面を研磨し、美しい面にするサンディングという工程を手がけるようになる。その後、シェイプやサーフショップの運営など様々な経験を経て独立を果たす。「海は本当に気持ちがよくて!」と笑顔で語る本荘さんに、サーフィンと平塚の魅力について伺った。

オーナー 本荘さん
オーナー 本荘さん

中学3年生で出会って以来、とにかくサーフィンが大好き

――まずは、本荘さんとサーフィンとの出会いについて教えて下さい。

本荘さん:私はこの平塚が地元です。中学3年生のときに、友だちから“一緒に行かないか”と声をかけられたことが、サーフィンを始めたきっかけです。誘われるがままに行ってみたのですが、実に面白く、自分でも驚くくらいにのめり込んでしまいました。

平塚海岸。湘南の海はあたたかい
平塚海岸。湘南の海はあたたかい

高校生になってもサーフィン中心の生活は変わることがなく、朝学校に行く前に海を見て、いい波があれば波に乗ってから学校に行っていたほど(笑)。進路を決めるときですら、“入試の勉強のために使う時間があればサーフィンをしたい”と考えたくらいです。その頃にはすでに、湘南で開催される大会でも勝てるようになってきており、師匠からプロを目指してみたらどうかと言われていました。その言葉を機に、プロとして波に乗ることを明確に意識するようになりました。

サーフィンの話に笑顔が絶えない本荘さん
サーフィンの話に笑顔が絶えない本荘さん

――親御さんの反応はいかがでしたか?

本荘さん:私が育ったのは一般家庭ですから、どう切り出したらいいのか随分と悩みましたね(笑)。でも、びくびくしながら父親にそのことを告げると意外なくらいにあっさりと、“好きなことがあれば挑戦してみたらどうだ”と。

今にして思えば、父は公務員でしたが、独学で日本画を学び、現在でも教室を主宰しているくらいですし、祖父も日本画家でした。こうした背景が関係しているのか分かりませんが、私のやりたいことに対する理解があったのは本当にありがたかったですね。

プロとしての活躍。長くサーフィンに関わり続けたい思いで、シェイプの技術習得と開業

海まですぐそばの立地
海まですぐそばの立地

――「Plumeria Surf Design」を開業されるまでの経緯はどのようなものでしょうか。

本荘さん:高校生の頃は、海の近くのサーフボード工場でアルバイトをしていました。いい波が来たときはいつでも乗れるようにと選んだアルバイトですが、ここでサーフボードの仕事も覚え始めます。プロ試験に合格後、本格的にプロとして活動を開始したのが20歳のときです。そしてプロサーファーの活動と並行し、サーフボード工場でサンディング業務を任されるようになります。サーフボードの性能を決める重要なシェイプという作業があるのですが、そこにつながるサンディングを学んでおけばいつかきっと役に立つと言われて、大会の参加を減らしたタイミングで、本格的にサンディングを手がけるようになりました。

大きな転機は30代に入ってからですね。プロの活動からは一線を退くことにしたのですが、これからもずっとサーフィンに関わっていたいと思っていたので、シェイプの技術を習得しようと考えました。茅ヶ崎のサーフショップで店長をしながら店の運営だけでなくシェイプについても勉強し、40歳のときに平塚の松風町で店を出しました。そこから移転をして現在は袖ヶ浜のこの場所で店を開いています。

サーフボード以外にも各種グッズの販売も
サーフボード以外にも各種グッズの販売も

――サーフィンの魅力はどのようなところですか?

本荘さん:やはり、自然を相手にするということです。自由度が高く、相手がいなければできないというものではありませんし、レベルに応じた楽しみ方があり、どんなステージでもそれぞれに楽しむことができます。動く波の上で動くボードに乗るというところが、他のスポーツにはない特徴かもしれません。とにかく、楽しいんです(笑)。

プロサーファー、講師、シェイパー。全てをダイレクトに行えることがお店の強み

元となる素材をシェイプしてサーフボードの形を削り出す
元となる素材をシェイプしてサーフボードの形を削り出す

――「Plumeria Surf Design」の特長を教えてください。

本荘さん:私自身のプロとしての実績と、40年近くスクールを開催してきた経験。また、シェイプも手がけられることから、いろいろな観点からのアドバイスが可能です。シェイプにしても、希望を聞いた店員が職人に伝えるところも多いのですが、ここでは私が直接話を聞き、私がシェイプすることができます。

ボードはそれぞれサイズ、厚さ、形、バランスなど全て異なり、同じ背格好でもサーフィン歴、技術、スタイルによって選ぶべきボードは変わります。初心者から上級者までそれぞれに最適な提案ができるということが当店の強みではないかと思います。

店内は話し込みたくなるようなほっとする空間
店内は話し込みたくなるようなほっとする空間

――55歳以上が対象の「シニアスクール」を開講されているそうですね。

本荘さん:実は、定年後にサーフィンをしてみようという方が意外といらっしゃいます。ただ、サーフィンはハードな面もあるスポーツですから、若い人と一緒だとどうしても体力的に難しい面が出てきてしまいます。そこで「シニアスクール」では55歳以上・定員3名までとし、参加者の体力やコンディションに細かく対応できるようにしています。55歳以上の方でも、一度の講習で波に乗れるようになることが多いですし、コツさえつかめれば50歳や60歳から始めても十分楽しむことができるので、ぜひ気軽に声をかけてほしいですね。スクールも1名からでも受け付けています。

海にエントリーする道を自分たちできれいにしよう。お店のお客さんとともに月1のクリーン活動

国道134号。ここを歩道橋で渡ると海
国道134号。ここを歩道橋で渡ると海

――地域の方々と連携して行っていることはありますか?

本荘さん:「平塚」駅から海に向かって歩いてくと国道134号にぶつかりますが、そこに架けられている歩道橋の清掃活動をしています。きっかけは数年前の台風でした。砂と松葉だらけになってしまい、見た目もよくありませんし滑って転んでしまう危険性もありました。

周辺一帯がそのような状態でしたから行政も手が回らずにいました。ここは海にエントリーする道。自分たちできれいにしようということで、お客さんや近くに住んでいるサーフィン仲間と清掃活動を始めました。月に1度、毎週第2土曜日に集まって清掃をしています。私たちが活動を始める20年近くも前から活動されていた方に、“同じ気持ちで活動してくれる仲間ができた”と喜んでいただけました。

――今後取り組みたいことなどはありますか?

本荘さん:多くの人がもっと海で遊び、海で楽しめるようになってほしいと思っています。海は危ないものと考えられがちで、その楽しさや怖さが正しく周知されていない。怖さを理解すれば、危険は防げるものが多いのです。実は、海が身近な平塚でも、海と接点を持たずに生活されている方も多いのが現状です。皆がもっと海と近い関係になって欲しいですね。そのためにも、ビーチクリーンの活動などを通じて、行きたくなる海、にしていけたらいいなと思っています。

自然体でいられる暮らしやすい環境が魅力の平塚市

松風公園
松風公園

――本荘さんが生まれ育った平塚。そのなかで松風町の印象や、幼少時代の思い出があれば聞かせてください。

本荘さん:松風町は古くからの住宅街で、お屋敷のような立派な住宅もあります。私にとって松風町は、“落ち着いた静かな住宅街”といったイメージですね。

その松風町での思い出として覚えているのは、「松風公園」で開催される夏祭りです。公園内に組まれた大きなやぐらにスクリーン代わりのシートが張られ、そこに映画が映し出されました。少年時代の夏の、私の懐かしく楽しかった思い出です。

――松風町周辺でおすすめのスポットはありますか?

本荘さん:通年で利用可能な「湘南ベルマーレひらつかビーチパーク」ですね。施設内のビーチバーも本格的で、バーを経営している方が営業されているのでカクテルも美味しいです。近くにはボードウォークがあるので散歩にもいい環境だと思います。

海あり山ありの平塚市
海あり山ありの平塚市

――最後になりますが、これから新しく街に住まわれる方々に向けて一言お願いします。

本荘さん:まずアクセス面についてですが、横浜にも近く、始発があるので通勤・通学をされる方にとっては嬉しい環境だと思います。飲食店やショッピング環境も整っていて、とても便利です。また、平塚は海だけでなく山もありますし、相模川と花水川があるほか、河川流域には自然も残っています。

そして何よりやはり、平塚は、肩肘を張らず、自然体で暮らせる街というのが一番の魅力ではないでしょうか。近年はマンションなども建ち、新しい人達も増えています。そういった新しい風とともに、街が今後どうやって街が盛り上がっていくのかも楽しみです。海や自然を楽しみながら、人生を楽しみたいですね!

オーナー 本荘さん
オーナー 本荘さん

Plumeria Surf Design(プルメリア サーフ デザイン)

オーナー 本荘 睦さん
所在地:神奈川県平塚市袖ヶ浜19-1
電話番号:0463-86-5453
URL:http://www.plumeriasurfdesign.com/
※この情報は2022(令和4)年1月時点のものです。