10月8日(日)山北のお峯入り

「山北のお峯入り」は、大野山の麓に位置する集落、山北町共和地区に古くから伝承されてきた民俗芸能で、国の重要無形民俗文化財に指定されています。

「お峰入り」とは、一般には修験道の入峰修行を意味しています。「山北のお峰入り」は、修験道の儀式が芸能化される過程を示すもので、約80名の男性で構成され、満月の歌・棒踊り・鹿枝踊り・修業踊り・歌山・四節踊り・五色踊りなど8種類11種目の歌舞があります。

所作はすべて口伝で受け継がれ、近年では概ね5年ごとに公演を行っています。今年は5年ぶりの開催で、以下のスケジュールで公演を披露する予定です。なお、神明社までは、山北町役場から徒歩約2時間半の距離です。周辺に駐車場はなく、バスの運行もないため、徒歩での移動となります。

<第1回 公開公演>
式典後に、公演を行います
時間:9:30〜11:00
場所:山北町役場駐車場特設会場

<道行き>
大野山から神明社へ、演者が行列を組み、練り歩きます
時間:12:30〜12:40
場所:大野山(山頂付近牧道)

<第2回 奉納公演>
境内で奉納公演を行います
時間:13:30〜14:30
場所:神明社境内(山北町高杉)

山北のお峯入り
日時:10月8日(日)
場所:神明社 ほか
問い合わせ:山北町生涯学習課 0465-75-3649
山北町 公式HP:http://www.town.yamakita.kanagawa.jp/

読み込み中
PAGE TOP