スペシャルインタビュー

平塚の魅力をたっぷり感じることができる「SunSunマルシェ」

「湘南海岸公園」を会場に、毎月第2日曜日に開催されている「SunSun(サンサン)マルシェ」。地元の生産者や飲食店などおよそ70店舗もの出店者が集まる規模の大きなマルシェで、2011(平成19)年の発足より約10年続く地域に根ざした活動だ。飲食や物販以外にも子どもを対象にしたワークショップや運動教室に取り組んでいるのも特徴で、子育てファミリーにとっては一日中楽しめるイベントとして注目を集めている。
今回は、2020(令和2)年4月より実行委員会の代表を務める「サン・ミッシェル」の今井啓輔さんを訪ね、「SunSunマルシェ」の概要や楽しみ方、地元平塚の魅力についてお話を伺った。

SunSunマルシェ実行委員会 代表 人気タコス店「サン・ミッシェル」の今井啓輔さん
SunSunマルシェ実行委員会 代表 人気タコス店「サン・ミッシェル」の今井啓輔さん

毎月第2日曜日に開催される地域に根ざした人気のマルシェ

――「SunSunマルシェ」の概要について教えてください。

今井さん:「SunSunマルシェ」は、平塚市にある「湘南海岸公園」で毎月第2日曜日に開催しているイベントです。地元の生産者や飲食店、ハンドクラフトの作家さんなどおよそ70店舗もの出店者が集まる大きなマルシェです。
会場の湘南海岸公園は海からも近く潮風を感じられる平塚らしい公園で、青空のもと自然を感じながらゆったり気持ち良い時間を過ごしていただけるイベントになっています。 テントが並ぶ運動広場には心地良い芝生が一面に広がっているのでレジャーシートやテント持参で訪れる方も多く、お子さま連れのご家族にも好評です。

「SunSunマルシェ」の様子
「SunSunマルシェ」の様子

2011(平成23)年3月にはじまったこの活動も今年で10年目を迎え、地元の平塚市民はもちろん市外や都内からも人が訪れるイベントになりました。
「SunSunマルシェ」の特徴としては、飲食店や物販だけではなく、子どもさんたちに体験していただけるようなワークショップや運動教室、ライブパフォーマンスにも力を入れていることです。

例えば、お正月に手作りの凧を作って凧揚げをするワークショップを行ったり、「平塚市ラグビーフットボール協会」の方々が無料のラグビー教室を開いてくださったりしたこともありました。
平塚市に限らず湘南エリアにはマルシェやイベントが数多くあるため、それらのイベントと差別化するためにも、年間スケジュールを立てたり、月ごとに具体的なテーマを設けたりしてひと味違ったマルシェにしようと取り組んでいます。

「SunSunマルシェ」でも出店している人気のタコス
「SunSunマルシェ」でも出店している人気のタコス

「平塚」駅の南側を盛り上げたいという思いから活動をスタート

――「SunSunマルシェ」を立ち上げたきっかけは?

今井さん:「SunSunマルシェ」は、当時「モトロッソ」というお店がありまして、現在は「H×M(アッシュエム)」というフランス料理店になっていますが、お店の駐車場で開催した10店舗ほどの小さなマルシェから始まりました。
私が「SunSunマルシェ」に参加させていただくようになったのは、「湘南海岸公園」に会場を移して規模を拡大した2016(平成24)年前後のことなのですが、平塚駅の南側を盛り上げたい、活性化させたいという思いをもった有志が集まってこの活動をスタートさせたと聞いています。

「SunSunマルシェ」の様子
「SunSunマルシェ」の様子

――「SunSunマルシェ」という名前の由来を教えてください

今井さん:「SunSunマルシェ」という名前は、「散歩散策サンサンマルシェ」と言って、散歩と散策の“Sun”をそれぞれとって名付けられたそうです。平塚は以前から線路を挟んで南と北で人が行き来する機会が少なく、街の雰囲気や住んでいる方々のライフスタイルもちょっとずつ違うところがあるんですよね。そこで平塚駅の南側を歩いて楽しんでもらえるような地域イベントになればと思ってはじまったのがこの「SunSunマルシェ」です。

出店者もお客さんも参加する人みんなが楽しめるイベントにしたい

「SunSunマルシェ」の様子
「SunSunマルシェ」の様子

――出店者や参加者との関わりを始め、運営する上で大切にしていることはありますか?

今井さん:運営は発足当時のメンバーを中心に実行委員会を設け、企画から出店者の募集、当日の運営まですべて自分たちでやっています。
出店者の募集については、原則HPの申込みフォームから応募していただいているのですが、選考にあたって出店者の皆さまにお伝えしているのは、仕入れ品ではなくオリジナルの商品を提供していただくというのがひとつと、もうひとつは出店者の皆さまにも楽しんでいただきたい、ということです。

「SunSunマルシェ」の様子
「SunSunマルシェ」の様子

この活動はただ販促を目的として行われているイベントではなくて、地域を盛り上げたい、活性化させたいという思いからスタートしているからこそ、出店者もお客さんも実行委員も参加する人みんなが楽しめるイベントにしたいなという思いで運営されています。
出店者の中には、マルシェがきっかけで地元のお客さんがお店に来てくれるようになったという声も多くて、70店舗もの出店者が参加する規模の大きなマルシェになりました。

2020年4月より郊外や市外の出店者も幅広く募集を開始

「SunSunマルシェ」の様子
「SunSunマルシェ」の様子

――今後、挑戦したい取り組みや目標などはありますか?

今井さん:新しい取り組みとしては、2020(令和2)年4月より郊外や市外の出店者も募集することにいたしました。これまでは主に平塚駅を中心とした湘南地域のお店に限定して開催していたのですが、長年続けている中でお客さまから新しいお店を求めるような声もあり、まずはテントブースのみ地域を問わず幅広く募集を開始することにしました。
また運営上の課題のひとつとしてあった駐車スペースも以前より広くなったので、車でお越しいただくお客さまにもよりいっそう便利になったと思います。
あとはこれまでと変わらずお客さまに楽しんでいただける企画を打ち出していきたいなと。毎月のことなので大変なんですが、他のイベントやマルシェには無いことなので、しっかり取り組んで行きたいです。

個性的な飲食店が多く、美味しいお店がいっぱいあるのも魅力のひとつ

――平塚エリアの魅力についてお聞かせください。

今井さん:平塚の魅力と言えば、まず海が近い。また一年を通じて気候が良いので、子育てや住む環境としてもすごく良いと思います。それに平塚ICや有料道路も各方面に繋がっているので交通のアクセスにも恵まれていると思います。
あと個性的な飲食店が多くて美味しいお店がいっぱいあるのも魅力のひとつだと思います。それこそ「SunSunマルシェ」には地元のお店もたくさん出店していますので、そういったお店との繋がりもできるとますます楽しい街になると思います。

「サン・ミッシェル」外観
「サン・ミッシェル」外観

駅から海岸へと続く道には「平塚なぎさプロムナード」という綺麗な散歩道も整備されているので、散歩を楽しみながらぜひ「SunSunマルシェ」の会場までお越しいただければと思います。

散歩・散策したくなる平塚の街並み
散歩・散策したくなる平塚の街並み

「SunSunマルシェ」
「SunSunマルシェ」

SunSunマルシェ

SunSunマルシェ実行委員会 代表 今井啓輔さん
開催場所:「湘南海岸公園」神奈川県平塚市高浜台32-1
URL:https://www.sunsun-marche.com/
※この情報は2020(令和2)年5月時点のものです。