豊かな自然と充実の教育施設で子育てができる街、法泉エリア

首都圏を縦断するJR2路線が乗り入れる「東戸塚」駅は、神奈川県横浜市戸塚区北東部の主要駅。周辺は駅を中心に商業地が広がる。この駅を最寄駅とし、商業地と周辺に点在する大小の公園がある一帯が、法泉エリア。自然の緑を住まいの近くで感じ、交通事情にも買い物事情にも恵まれたエリアは、子育てにも向いている。

首都圏のターミナル駅へつながる住宅地

「東戸塚」駅は、地元住民の請願により開業した歴史を持つ駅。地域とのつながりは深い。駅と駅周辺は、ともに発展してきた。長らく開発が進められ、駅の東口側も西口側も商業施設が多く、住宅地は今も広げられている。

その理由のひとつが「東戸塚」駅の交通の便の良さ。「湘南新宿ライン」と「横須賀線」が利用出来ることもさることながら、首都圏のターミナル駅であり神奈川県の中心地でもある「横浜」駅へは2駅・8分。東京都内のターミナル駅へも、首都圏の主要路線が乗り入れているために乗り換えをせず1時間以内で到着するので、平日の通勤も、休日のお出かけも、選択肢が増える。隣駅である「戸塚」駅へ出れば、横浜市営地下鉄ブルーラインなどさらに利用できる路線が拡充される。

大型商業施設が住まいの近くに

利便性の高さは交通のみにとどまらない。駅周辺の商業地は、駅東口直結の「オーロラシティ」、「西武戸塚店」や「イオンスタイル東戸塚」、「モレラ東戸塚」など生活圏内に複数の大型商業施設が建ち並んでいるために、休日に家族で行くまとめ買いも平日の軽いショッピングも全く困らない。法泉エリアの中には、「ユーコープ 新桜ヶ丘店」や「サミットストア権太坂スクエア店」など、普段の品を扱うスーパーマーケットが点在しているので、小さい子がいるとままならないことも多い日常のお買物を、徒歩圏内数分で済ませることができる。

お店の間に公園と自然の緑が感じられる環境

商業施設で賑わう一方で、開発が進む前の光景であろう自然の緑を残している場所も、法泉エリアには点在している。「品濃中央公園」は、「東戸塚」駅東口前の大型商業施設地帯に隣接する、広い公園。四季折々の自然に繁華街の中で触れられる。エリアの周辺には、「県立保土ケ谷公園」や「横浜市こども植物園」、「こども自然公園」など、子どもが遊んで楽しめて、自然の緑を存分に感じられる大小の公園が数多く存在し、エリアの子ども達に遊び場と自然の光景を提供している。

品濃中央公園
品濃中央公園

教育施設も充実

法泉エリアはまた、教育の面においても良い環境である。通学指定校である伝統校「横浜市立初音が丘小学校」だけでなく、「桜ケ丘保育園」や「立正桜ヶ丘幼稚園」など幼少期の教育施設が多い。また、未就学児の遊び場や小中学生などが利用できる体育室などがある「今井地区センター」のように、子どもへ学びと遊びの場を提供する公共施設があり、子育て中の家庭にとっては住むだけで教育に適した環境を子どもへ与えられる。

横浜市立初音が丘小学校
横浜市立初音が丘小学校

古くからの住宅地で、商業地としての開発も進む法泉エリア。施設面でも環境面でも、子育ての街と定めるには充分な環境が整えられており、今後もさらなる拡充が期待される。

あわせて読みたい。関連ページ