生まれ変わってもまたここに住みたい。魅力に溢れる茅ヶ崎のライフスタイル

都心へのダイレクトアクセスが可能な「茅ヶ崎」駅エリア。通勤通学の利便性はもちろん休日のアクティビティや家族との時間を大切にしたい子育てファミリーにとって魅力的な環境です。今回は2017(平成29)年に竣工した茅ヶ崎の分譲地「ジョイコート湘南茅ヶ崎グラマライフ18」を訪ね、実際に物件を購入したご家族から「ジョイコート」の魅力また茅ヶ崎のライフスタイルについてお話を伺いました。

一目惚れをした、街並みと家の造り

「ジョイコート湘南茅ヶ崎グラマライフ18」の街並み
「ジョイコート湘南茅ヶ崎グラマライフ18」の街並み

――茅ヶ崎で生活するようになったきっかけをお聞かせください。

ご主人:妻が茅ヶ崎の出身で、私も大学時代にヨット部だったのですが、おたがい海の近くで生活することに魅力を感じていました。本格的に家を探し始めたのは3年前の年末くらいだったかなと思うのですが、エリアとしては辻堂と茅ヶ崎ですね。

辻堂には「テラスモール湘南」があって、妻とよく買い物にも行っていたのですが、実際に街中を散策してみると道幅が狭くて車の運転にちょっと不安を感じました。毎日生活する場所なので不安を感じながら過ごすのもどうなんだろうと、土地勘のある茅ヶ崎にしました。

リゾート感だけでなく、商業施設も充実した茅ヶ崎駅周辺の様子
リゾート感だけでなく、商業施設も充実した茅ヶ崎駅周辺の様子

――大藤不動産の物件を選んだ理由をお聞かせください。

ご主人:インターネットで物件を探していた時に、たまたま大藤不動産の物件に目が止まったんです。予算よりも大幅に高かったのですが、予算が超えている部分ってどんなところなのかなと興味が湧いて、家探しの参考になるだろうと勉強するつもりで見に行ってみたのがはじまりです。

現地に行ってみると、街並みの雰囲気と家の造りに一目惚れしました。ここの一画だけ海外の住宅地みたいな感じで、茅ヶ崎出身の妻にとっても魅力的に映ったようです。その時、妥協してこのくらいなら良いのかなって思うような家に住むんだったら、ちょっと背伸びをしてでも良いところに住みたいと思うようになりました。

――奥さまはいかがでしょう。

奥さま:1番はやっぱり、旦那さんの一目惚れですね。笑 挙げたらキリがありませんが、南東の角地であること、ジョイコート全体の雰囲気、敷地も建物も他で見てきた建て売りとは広さもデザインも格段に良かったことや人通りや車通りも少なく家の前で子どもを遊ばせることができそうなこともポイントでした。他にも、1階に和室があったこと、小中学校まであまり遠くないこと、近所にスーパーマーケット、図書室、郵便局などが揃っていることなど…。とにかく色んな条件が揃っていました!

悩ましいほどこだわりを感じる、それぞれの住まい

統一された街並みの中でも、1軒ずつ異なるこだわりが詰まっている
統一された街並みの中でも、1軒ずつ異なるこだわりが詰まっている

――現在のお住まいを選んだポイントはどこでしょう。

ご主人:ここは全部で18区画あるんですが、見学に行った時にはすでに残り3棟という状況でした。建売って同じような家がポンポン建っているイメージだったんですが、ここはそれぞれの家に個性があって3棟すべて見学させてもらいました。その中で決め手となったのは間取りです。リビングの隣に和室があって、子どもを寝かせたり、ちょっと休みたい時にごろんと寝転がれるのも良いなと思い今のお家を選びました。

仲良くなったご近所の方のお家に行くこともあるのですが、家ごとにそれぞれまた違った魅力があって、タイミング的にもっと選択肢があったらかえって選べなかったかも知れませんね(笑)。見学の時に営業の方からは、「うちはただの建売ではなくて、注文住宅にも負けないくらい部品ひとつにもこだわりを持っています」といったお話を伺っていたのですが、それはまさにその通りだと思います。こだわりを持って作っているのを感じます。

随所にこだわりが散りばめられた、「ジョイコート湘南茅ヶ崎グラマライフ18」の内観イメージ
随所にこだわりが散りばめられた、「ジョイコート湘南茅ヶ崎グラマライフ18」の内観イメージ

――実際に住みはじめてからの生活についてお聞かせください。

ご主人:生活環境については、住んでいるところから徒歩5分くらいのところにスーパーがあるのと、コンビニも近くに2軒あるので買い物に便利です。あと病院も近くにあるので、普段の生活にはまったく困っていません。

それと「茅ヶ崎」駅の近くには飲み屋さんとか焼き鳥屋さんとか、おしゃれなカフェもたくさんあるので開拓しがいのある楽しい街だなと思います。今はコロナの影響で気軽に外食ができないんですけど、以前は友達が来ると「MOKICHI FOODS GARDEN」というお店に連れて行って、熊澤酒造という地元の酒蔵がやっているお店なんですけど、パスタがあったり魚介系のサラダがあったり、オリジナルのビールもあっておすすめです。

“湘南最後の蔵元”として知られる「熊澤酒蔵」のお酒を多彩な料理とともに堪能できる「MOKICHI FOODS GARDEN」
“湘南最後の蔵元”として知られる「熊澤酒蔵」のお酒を多彩な料理とともに堪能できる「MOKICHI FOODS GARDEN」

――お子さんと一緒に行けるようなスポットはありますか?

ご主人:自転車で5分くらいのところに「しろやま公園」という場所があります。広場とちょっとした遊具があるくらいなんですけど、子育て中の親子だったり、犬の散歩をしている方も多くて、小さい子どもを連れて行くのにはぴったりです。あと自転車で10分くらいのところに「茅ヶ崎公園」もあります。海沿いを自転車で行くのですが、それだけで良い気分転換になりますね。

似通った価値観が共有できる、ご近所付き合いも素敵な環境

住まわれてすぐのK様ご家族
住まわれてすぐのK様ご家族

――住む前と今とで印象の違いなどはありましたか?

ご主人:想像していたよりもプラスに感じています。スーパーやコンビニが近くにあるので生活面で困ることはありませんし、子どもたちにとっても家の前の道幅が広いので、わざわざ公園に行かなくてもボール遊びができたりするのは良かったですね。

あとご近所の方ともお付き合いがありまして、BBQの好きな方がいるんですけど、その方のお庭でBBQをやらせてもらったり、夏には流しそうめんをやったりするんです。分譲地だからなおさら価値観やライフスタイルの近い方が住んでいるんでしょうね。みなさん素敵な方でおたがいに挨拶もしますし、非常に住みやすい環境です。

奥さま:住む前は、正直オシャレ過ぎるかなぁと思っていました。また、建て売りとしては高い方だと思うので、ご近所の方々も高級志向というか、感覚の違いなどを感じるのかなと不安もありました。しかし、住んでみたらご近所の皆さんは年齢も近い方が多く、そして気さくで素敵な方々ばかりで、今はとても仲良くさせていただいてます。ここに越してきて得た1番の財産はご近所の皆さんですね!!

家に友人をたくさん招いても余裕のある広さで、皆にも『素敵だね』と言ってもらえて、今はとても満足しています。自分達で注文住宅で家を建てていたら、こんな素敵なお家には決してならなかったと思います。

住む前はこんな高いお家に私なんかが住んでもいいのかな、不釣り合いなんじゃないのかなと思っていました。けれど今は、この家に見合う人間に成長して行きたいなと思うようになりました!大袈裟かもしれませんが、本当に素晴らしい環境とお家に出会うことができて、一目惚れして買うと決めてくれた旦那さんには感謝しかありません!!

思い思いの過ごし方で、ONとOFFの切り替えを

海での過ごし方は、十人十色
海での過ごし方は、十人十色

――最後にこれから茅ヶ崎で生活する方に向けてメッセージをお願いします。

ご主人:海が近くて自然もたくさんあるので子どもたちを育てるのにも最適ですし、充実した毎日を過ごしています。休みの日には愛犬を連れて海まで散歩に行くのですが、サーフィンをしている人やランニングをしている人、海を見ながら物思いに耽っている人なんかもいて、みんな思い思いに自由な時間を過ごしているんですよ。その雰囲気が非常に良くて、ONとOFFの切り替えができる場所ですね。

実は金曜日の夜に仕事を終えて、都内から電車で帰る時が一番テンションが上がっているんです。土日は何をしようかなといつも楽しみなんです。今は特に何をしているというわけでもなく、子どもと遊んでいるだけなんですけど、子どもと一緒に自然と触れ合うだけでも楽しいですし、趣味を見つければ、よりいっそう素敵な毎日を送ることができるのかなと思います。

生まれ変わってもまたここに住みたい、そう思います。

今回お話を伺った人

「ジョイコート湘南茅ヶ崎グラマライフ18」にお住まいの「K様 ご家族」
※この情報は2020(令和2)年10月時点のものです。