茅ヶ崎の海でサーフ文化を伝える

ゴッデス 茅ヶ崎本店

国道134号線沿い、サザンビーチの目の前に建つ「ゴッデス 茅ヶ崎本店」。日本で初めてサーフショップを作り、サーフボード工場を作り、そしてサーフィンスクールとして教え始めた、日本のサーフィン史の先駆けとなった「ゴッデス」の本店だ。

「ゴッデス 茅ヶ崎本店」の外観
「ゴッデス 茅ヶ崎本店」の外観

数々のトロフィー
数々のトロフィー

店主の鈴木正さん
店主の鈴木正さん

オーナーは、日本のサーフィン文化について語るとき必ず登場する鈴木正氏。鈴木氏は25歳で渡米し、日本に本場のサーフボードのシェイプ(サーフィンボードの原型をデザインして削る)技術を持ち帰り、サーフィンを広めた第一人者だ。高校生のときに家族で茅ヶ崎に移り住んできたことから、この場所において本物のサーフィン文化を根付かせることとなった。

茅ヶ崎の海
茅ヶ崎の海

初心者からプロまでそれぞれのニーズに対応する
初心者からプロまでそれぞれのニーズに対応する

海岸沿いのサイクリングロード
海岸沿いのサイクリングロード

当時、独学でのサーフボードづくりに限界を感じていた鈴木氏は、本場に行くしかないと一念発起して渡米。縁あってサーフボードを削る名シェイパーの元でその技術を学び帰国した。鈴木氏は自らサーフボードをシェイプし大会に出場。品質を高めるとともに、大会で実績を収めることによって製品の良さを立証してきたという。もちろん途中には紆余曲折もあったが、それでも“絶対に良いものをつくる”という思いを大切にして作り続けてきたからこそ、築きあげられた信頼と信用が「ゴッデス」にはあるのだ。

店内にはサーフグッズも
店内にはサーフグッズも

ウェアの品数も豊富
ウェアの品数も豊富

「ゴッテス 茅ケ崎店」には、「ゴッデス」で作られた製品はもちろんのこと、SKEGISLAND製、LINDEN製などたくさんのサーフボードが並んでいる。実際のものを見て選びたい商品なだけに、充実した品ぞろえの中で吟味して選ぼうと、初心者からプロまでたくさんの人が訪れる。サーフボード以外のボディボードやウェア、シューズ、スキムなどサーフィンに関連した様々なアイテムも見逃せない。商品選びには、経験豊富なスタッフが事細かにサポートしてくれる。

サーフィンスクールも開催しており、初心者から上級者までレベルに合わせて丁寧にわかりやすく教えてくれる。これからサーフィンを始めようという人には、ハワイアン料理で人気の「リキリキデリ」のランチが付いた体験コースがお勧め。

茅ヶ崎のシンボル
茅ヶ崎のシンボル

デザイン、特徴など好みに合わせて
デザイン、特徴など好みに合わせて

サーフィンの面白さを伝え続ける
サーフィンの面白さを伝え続ける

また、ショートボード、ファンボード、ロングボードなど、様々なボードのレンタルを行っているほか、温水シャワーやボードロッカーも常設。サーフポイント「ショップ下」茅ケ崎のサーフポイントの目の前にあり、たくさんのサーファーたちでいつも賑わっている。鈴木氏自らが徹底的に楽しむことで、周囲にもサーフィンの面白さを伝え続けている店だ。

ゴッデス 茅ヶ崎本店
所在地:神奈川県茅ヶ崎市中海岸3-9-20 
電話番号:0467-86-1173
営業時間:9:00~19:00
※冬季は10:00~18:00
https://www.goddess.co.jp/

詳細地図