ワクワクする街のベーカリー

Tate-tate Yoko-yoko

「Tate-tate Yoko-yoko」
「Tate-tate Yoko-yoko」

小田急小田原線「百合ヶ丘」駅から線路沿いの静かな道を下っていくこと約2分。脇の小道に入るとすぐに「Tate-tate Yoko-yoko」と書かれた黄色い看板が目に飛び込んでくる。店名の由来ともなったというパンのクープ(生地の表面に入れる切れ目)が描かれたロゴが可愛らしい。店内にはオルゴール調の優しい音楽がかかり、ゆったりとした時間が流れている。2組の夫婦が手掛けるベーカリーだ。

種類豊富なパン
種類豊富なパン

こだわりの商品はという質問に、店長森本さんから返ってきた「基本的に全部ですね」という答えから、店内ところ狭しと並べられたすべての商品に対する愛情がうかがい知れる。とはいいつつも、もっちりとした食感でありながら口どけのよい「食パン」や、カリっと揚げられた「カレーパン」は特に人気で買っていく人も多い。

人気の「食パン」
人気の「食パン」

シナモンとラムレーズンをふわふわの生地に巻き込んだ「レーズンブレッド」はほんのり甘く、少し大人な味。レジ横のショーケースにはあんずとヨーグルトクリームが入った「あんず玉」やオレンジピールがいいアクセントの「ミルククリームパン」など冷やして食べるパンが並び、一年を通してパンを楽しむ工夫が凝らされている。

ひんやり甘ずっぱい「あんず玉」
ひんやり甘ずっぱい「あんず玉」

「雑貨屋さんのように、ワクワクするようなパン屋であり続けたい」と森本さんが話すように、店頭に並ぶパンの種類は豊富。若いお母さんや、年配の方、仕事帰りのOL、休日にはお父さんの手を引っ張ってやって来るお子さんなど百合ヶ丘に住む多くの人の食卓にこれからも焼きたてのパンを届ける。

Tate-tate Yoko-yoko
所在地:神奈川県川崎市麻生区百合ヶ丘1-4-25 
電話番号:044-953-1141
営業時間:10:00~19:00
定休日:水曜日、第1・3・5火曜日

詳細地図