緑景に浴する住まい「プレシス横濱山手パークフロント」を見てきました!

「プレシス横濱山手パークフロント」は「根岸森林公園」を借景とした自然環境を存分に享受することができる環境が魅力の物件です。そんな「プレシス横濱山手パークフロント」を実際に見学して、どれくらい公園を身近に感じることができるのかを見てきました。

「プレシス横濱山手パークフロント」と「根岸森林公園」との距離を体感したかったので、まずは広い公園内を一周することにしました。平日ということもあり、ジョギングやウォーキングをしている人は少なく、もともと広い公園がさらに広く感じられました。地図を見ながらしばらく歩くと、枝葉に透けるようにして、目の前に「プレシス横濱山手パークフロント」の外観が見えてきました。

「根岸森林公園」
「根岸森林公園」

公園に隣接!

「根岸森林公園」から物件を望む
「根岸森林公園」から物件を望む


「根岸森林公園」を出て物件に向かってみることにします。建物の外観は環境に配慮したデザインで、周辺と程よく調和しているように感じます。また、採光や通風を考慮した配棟計画とのことで、外観上のデザインだけでなく1年後、5年後、10年後の未来をもデザインされた住まいでした。

瀟洒な外観

建物の外観
建物の外観

エントランス
エントランス


ではエントランスから建物の中に入ってみましょう。石畳を配したメインガーデンやロックガーデンも印象的でしたが、その最たるものがシンボルツリーのオオシマザクラです。「根岸森林公園」とつながる丘には、アジサイや紅葉などもあり、春到来が待ち遠しくなるだけでなく、敷地内だけでも四季の移ろいを楽しめるようになっていました。

マンションの入り口
マンションの入り口

春が待ち遠しい

シンボルツリーのオオシマザクラ
シンボルツリーのオオシマザクラ


取り上げたいことは多々ありますが、そこから絞りに絞って“セキュリティ”を取り上げましょう。建物の出入りには「Raccessキー」が必要で、買い物帰りなど両手に荷物があっても自動でエントランスドアが開きます。住居へ入る際も、「Raccessキー」を持っていれば、ボタンを押すだけで施錠・解錠が可能。また、ピッキング防止ダブルロックなど防犯面も安心できます。

万全のセキュリティ

Raccessリーダ
Raccessリーダ

ドアの先に見えるバルコニー
ドアの先に見えるバルコニー


モデルルームとなっているのは508号室。リビングのドアを開けると正面に「根岸森林公園」の緑が見えました。ハイサッシを採用しており、床から天井までの大きな窓からの景色は、まさに絵画のようで一見の価値ありです。バルコニーからの景色については、是非実際に現地で見て感じてください。公園の緑を全面に感じることができる景色に、きっと感動するはずです。

清々しい眺め

バルコニーからの眺め
バルコニーからの眺め

バルコニーからの眺め
バルコニーからの眺め


各部屋を見てみると、いずれも白を基調とした空間に、小さなアクセントが加えられていました。キッチンからの光景も、このロケーションならではのものです。家族団欒のシーンに、季節ごとの自然がいつも寄り添っているのが「プレシス横濱山手パークフロント」での暮らしです。

洋室
洋室

キッチンからの眺め
キッチンからの眺め


最後に3階に移動して303号室も見学させてもらいました。2つ下のフロアに降りてきたこともあり、先ほどのお部屋よりも、より公園の緑えお身近に感じることができました。木々に優しく包まれているような感覚とともに生活したいというのであれば、低層のフロアも良いかもしれません。木々の表情が季節ごとに異なるように、場所ごとに異なる景色と暮らせる「プレシス横濱山手パークフロント」でした。

リビング・ダイニング
リビング・ダイニング

バルコニーからの眺め
バルコニーからの眺め


発見ポイント!

「根岸森林公園」
「根岸森林公園」

  • (1)“山手”だからこそ得られる暮らし♪
  • (2)快適性を追求した設備・仕様!
  • (3)小鳥の小さなさえずりが聞こえるほどに静か♪

※この情報は2018(平成30)年1月時点のものです。