Area Column

近年の再開発で、
さらに暮らしやすい街へ

貝塚や古墳が残り、歴史を感じられる街

川崎市幸区は川崎市の中央からやや南東、「川崎」駅の北西に広がる。新小倉は幸区のほぼ中央、「矢向」駅の西に位置するエリアだ。エリア周辺では「新川崎地区整備事業」により住宅地が整備され、「夢見ヶ崎動物公園」や鶴見川など自然にも恵まれたベッドタウンとして注目を集めている。

矢向エリアの整った街並み
矢向エリアの整った街並み

新小倉の北、加瀬山周辺には「南加瀬貝塚」や「夢見ヶ崎古墳群」があるほか、長い歴史を持つ神社仏閣も残り、古くから人々が暮らしていた場所であることがわかる。

操車場跡地の再開発で利便性の高い街が誕生

昭和初期、現在の新小倉には当時は東洋一の規模といわれた国鉄の新鶴見操車場が置かれていた。輸送体系の変化に伴い、新鶴見操車場は1984(昭和59)年に一部を残して使用が停止され、跡地では住宅や研究施設などを整備する「新川崎地区整備事業」が行われることになる。

「新川崎地区整備事業(新川崎・鹿島田駅周辺状況図)」(出典:川崎市)
「新川崎地区整備事業(新川崎・鹿島田駅周辺状況図)」(出典:川崎市)

すでに「慶應義塾大学」の先導的研究施設「K2(ケイスクエア)タウンキャンパス」やベンチャービジネス創出支援施設「かわさき新産業創造センター(KBIC)」、産学連携拠点「ナノ・マイクロ産学官共同研究施設(NANOBIC)」などの施設が誕生。新たな道路や交通広場の整備、「新川崎」駅と「鹿島田」駅の間では再開発や連絡通路の整備も行われており、暮らしの利便性が飛躍的に向上している。