エリア概要

JR「鶴見」駅、「京急鶴見」駅に近く、交通アクセスや買い物の利便性に恵まれた横浜市鶴見区鶴見中央四丁目

横浜市鶴見区鶴見中央四丁目は「京急鶴見」駅と鶴見川の間に広がる。鶴見区は横浜市の副都心に指定され、近年は「鶴見」駅周辺で再開発が行われるなど、暮らしやすさが向上してきた。とくに、エリア周辺はショッピング施設、公共施設に恵まれ、利便性が高い。

東海道沿いの街として発展

長い歴史を持つ「鶴見神社」
長い歴史を持つ「鶴見神社」

鶴見という地名は鎌倉時代からその名が使われているなど長い歴史を持つ。「鶴見神社」も7世紀初めの創建と伝えられる古い神社だ。

江戸時代にはエリア内に東海道が整備され、鶴見は東海道沿いの集落として発展した。現在も旧東海道沿いには、当時の面影を感じられるスポットが残る。

1872(明治5)年に「新橋」駅から「横浜」駅間の鉄道が開通すると、「鶴見」駅も開業し、その後は風光明媚で交通の便の良い別荘地として人気を集めた。

JR京浜東北線と京急線で東京都心と横浜市中心部に直結

JR京浜東北線を利用できる「鶴見」駅
JR京浜東北線を利用できる「鶴見」駅

鶴見中央四丁目は交通の利便性も高い。「鶴見」駅からJR京浜東北線に乗れば、「品川」駅や「東京」駅など東京都心方面、「横浜」駅や「関内」駅など横浜市中心部にダイレクトアクセスできる。

「京急鶴見」駅には「羽田空港」へ向かう電車も発着
「京急鶴見」駅には「羽田空港」へ向かう電車も発着

「京急鶴見」駅からの京急線でも「品川」駅や「横浜」駅方面にアクセスできるほか、「羽田空港」に直通するエアポート急行電車も利用でき、旅行や出張の際も便利だ。

また、「鶴見」駅前のバスターミナルからは東急東横線「綱島」駅、東急東横線とJR横浜線の「菊名」駅、東海道新幹線とJR横浜線、横浜市営地下鉄ブルーラインが乗り入れる「新横浜」駅などに向かうバスが発着している。目的地によってはバスを利用するとよい。

第一京浜や第二京浜といった幹線国道が通るこのエリアでは、自動車も使いやすい。首都高速神奈川1号横羽線の「浅田」出入口や「汐入」出入口も近く、接続する首都高速神奈川5号大黒線、首都高速神奈川7号横浜北線、首都高速神奈川6号川崎線、東京湾アクアライン方面へもスムーズにアクセスできる。

身近で多彩なショッピング施設を利用可能

「オリンピック 鶴見中央店」などスーパーマーケットが充実
「オリンピック 鶴見中央店」などスーパーマーケットが充実

鶴見中央四丁目周辺には「まいばすけっと 潮見橋店」や「オリンピック 鶴見中央店」といったスーパーマーケットが揃い、買い物の利便性が高い。鶴見川沿いには「イトーヨーカドー 鶴見店」や「ヤマダ電機 テックランド鶴見店」などの大型ショッピング施設もある。さらに旧東海道沿いには「ベルロードつるみ・鶴見銀座商店街」もあり、散策がてらの買い物も楽しい。

「鶴見」駅直結の「CIAL鶴見」
「鶴見」駅直結の「CIAL鶴見」

2012(平成24)年には、JR「鶴見」駅東口の駅ビル「つるみカミン」の建て替え工事が行われ「CIAL鶴見」としてリニューアルオープンしたほか、2017(平成29)年には「京急鶴見」駅高架下に「ウィングキッチン京急鶴見」もオープンし、買い物の楽しみが増した。

医療機関や公共施設が充実

高度な医療を提供する「鶴見大学歯学部附属病院」
高度な医療を提供する「鶴見大学歯学部附属病院」

鶴見中央四丁目周辺はかかりつけに便利なクリニックが揃う。休日の急病に対応してくれる「鶴見区休日急患診療所」、「さいわい鶴見病院」といった総合病院、「鶴見大学歯学部附属病院」のような高度な医療に対応する医療機関が近いことも安心だ。

公共施設が集まる「シークレイン」
公共施設が集まる「シークレイン」

2010(平成22)年には「鶴見」駅東口の再開発が完了し「シークレイン」がオープンした。ここには「横浜市鶴見区民文化センター サルビアホール」や「鶴見国際交流ラウンジ」「鶴見中央コミュニティハウス」といった公共施設が集まり、公共サービスを使いやすくなっている。

鶴見川の流れと暮らす

鶴見川が流れる鶴見中央四丁目は自然に親しめるスポットも多い。鶴見川沿いには遊歩道やサイクリングロードが整備されており、散策やジョギングの場として親しまれている。

桜の名所としても知られる「三ツ池公園」
桜の名所としても知られる「三ツ池公園」

北西に少し足を延ばせば、広大な面積を誇る「神奈川県立三ツ池公園」もある。園内には35品種1,000本の桜の木が植えられ、春には訪れる花見客を楽しませてくれる。

東京都心や横浜市中心部にダイレクトアクセスでき、ショッピング施設に恵まれ、自然環境も豊かな横浜市鶴見区鶴見中央四丁目。ここでは快適な暮らしを楽しめるだろう。

あわせて読みたい。関連ページ