3代目店主が守り続ける先代の味。石臼挽き蕎麦粉を使った本格蕎麦を堪能できる老舗

手打ちそば ふじや

「手打ちそば」
「手打ちそば」

閑静な住宅街に、美味しい「手打ちそば」を振る舞ってくれるお店がある。1964(昭和39)年に創業の「手打ちそば ふじや」だ。親子3代にわたって蕎麦の味を引き継いできた。「先代の味をこれからも守り続けていきたい」と3代目店主の五十嵐氏はいう。お店は土曜日と日曜日だけのオープンだが、朝早くから蕎麦を打ち続けている。

『かけそば』が80円の時代の献立表
『かけそば』が80円の時代の献立表

「創業当時は『かけそば』が80円の時代ですよ」と教えてくれたのは店主のお母さま。当時の献立表が飾られており、鶴間の歴史の一端がうかがえる。

北海道十勝の「石臼挽き蕎麦粉」を使用して作る蕎麦
北海道十勝の「石臼挽き蕎麦粉」を使用して作る蕎麦

北海道十勝の「石臼挽き蕎麦粉」を使用して作る蕎麦の味は格別だ。「そば粉10小麦粉2の割合で蕎麦を作っています。二八蕎麦よりも香りが出るんです」と店主。「蕎麦のもつ味・香り・のどごし・を堪能してもらいたい」と熱く語ってくれた。メニューはそば以外にも、カレー南蛮などもある。お子様メニューもあり家族連れも楽しめる。時には、蕎麦食べ放題のコース料理や、ちょっと贅沢な懐石コース料理もいいだろう。

梅肉を天ぷらにつけて
梅肉を天ぷらにつけて

天ぷらは、つゆや蕎麦塩、さらに梅肉をつけても美味しい。じっくり3年もかけて作った梅肉は、驚くほど天ぷらに合う。サクッと揚がった食べやすい天ぷらは、大根おろしの入ったそばつゆでも蕎麦塩でも美味しくいただける。

懐かしい雰囲気の店内
懐かしい雰囲気の店内

店内には、テーブル席と小上がりの座敷がある。この日は、一家団らんの一時を過ごす家族の姿があった。テーブルを囲んで話がはずんでいる。どこか昭和の匂いがする懐かしい雰囲気の店内には、家族が集まる懐かしい光景がふさわしい。

座敷もおすすめ
座敷もおすすめ

親戚が遊びに来た時は、座敷で過ごすのもいいだろう。広々としてゆったりできる。大窓の外は公園になっているので、春にはきれいな桜の花を見ることができるそうだ。

そば打ち体験もできる
そば打ち体験もできる

店主が自ら指導してくれる、蕎麦打ち体験もできるのが「手打ちそば ふじや」の魅力。「私にとっても楽しい時間なんです」と店主。現在は不定期開催だが、希望があればいつでも相談にのってもらえる。体験料は一人3,240円ほど。40分ほどの体験を終えたら、打ち立ての蕎麦をその場で食べられる。「2~3人前は持ち帰れますよ」とのこと。蕎麦打ち体験は1週間以上前に予約が必要なので、要チェックだ。

手打ちそば ふじや
所在地:神奈川県大和市西鶴間6-32-18 
電話番号:046-274-2964
営業時間:11:30〜14:30、17:30〜21:00
定休日:火曜日

詳細地図