日本のサーフィン発祥地

片瀬西浜・鵠沼海水浴場

湘南を代表する海水浴場として毎夏にぎわう「片瀬西浜・鵠沼海水浴場」。明治時代に、西側にあたる「鵠沼海水浴場」が別荘地として開かれて以来の長い伝統を持つ海水浴場でもあり、毎年300万人以上が訪れる、湘南エリア屈指の人気ビーチリゾート。

すぐそこに見える江ノ島
すぐそこに見える江ノ島

江ノ島より西側に広がる「片瀬西浜・鵠沼海水浴場」。海を前にすると、左手には江ノ島が大きく浮かび、右手には富士山や箱根、伊豆の山々をも見ることができる絶好のロケーション。都心から1時間ほどで入れる遠浅の海辺は、日本のサーフィンとビーチバレーの発祥地とも言われ、マリンスポーツも盛んに行われている。波の状態さえよければ一年中多くのサーファーが訪れる。すぐ隣に常設されたビーチバレーのコートは、「ビーチバレージャパン」なども行うほどの施設だが、大会等で使用していないときは一般でも自由に利用することができる。無料でボールの貸し出しも行っているので、是非チャレンジしてみてほしい。

富士山を望む景色は絶景
富士山を望む景色は絶景

海岸沿いに舗装された道は、東は江ノ島、西は「サザンビーチちがさき海水浴場」までつながっており、ゆっくりと散歩をしたり、サイクリングしたりする人も多い。夕方、富士山を見ながら歩いていると、きれいな夕日を見ることも。

ビーチバレージャパンの会場ともなるビーチバレーコート
ビーチバレージャパンの会場ともなるビーチバレーコート

近くには江ノ島や「新江ノ島水族館」をはじめ、通りに並ぶお洒落なカフェやレストランも多く、観光客が多く訪れる場所。夏には、海の家も並び、一層にぎやかになる。冬でも太陽の光が注ぐ日は、砂浜で遊ぶ子どもたちを目にすることも。愛犬の散歩をしたり、マットを敷いてヨガをしたり、どこからか人が集まって来る。この地域に住む人たちにとっても、幾度となく訪れる、生活に密着したスポットなのだ。

片瀬西浜・鵠沼海水浴場
所在地:神奈川県藤沢市片瀬海岸2・3、鵠沼海岸1・2 

詳細地図