多摩川を間近に臨み、暮らしの利便性に恵まれた街、川崎市幸区戸手

川崎市幸区戸手は、川崎市の東部、JR「川崎」駅の北側に位置するエリアだ。開放的な風景が心地よい多摩川沿いにあり、エリアの大部分はマンションや団地、戸建てを中心とした住宅地が広がる。「川崎」駅周辺には大型ショッピング施設や文化施設が集まり、充実した暮らしを楽しめる街として注目されている。

工業都市から暮らしやすいベッドタウンへ

エリア周辺は、梅の名所として知られていた「小向梅林」に明治天皇の御幸があったことから、古くは御幸村と呼ばれていた。1972(昭和47)年、川崎市が政令指定都市に移行する際に「幸せが多い」地域にという願いから、御幸村から一字を採り幸区という区名になったという。

昭和に入ると、戸手周辺は南武鉄道(現・JR南武線)の開通や新鶴見操車場の整備などにより交通の拠点として発展。多数の工場が進出し、都市として成長を遂げた。戦後の高度成長期には住宅も増え、工場と住宅が併存する街となっていたが、近年は、産業構造の変化に伴って工場移転が進み、工場跡地には大規模なマンションなどが誕生。ベッドタウンとしての性格が強まった。

「川崎」駅西口に建つ「ミューザ川崎」
「川崎」駅西口に建つ「ミューザ川崎」

都市インフラの再整備が行われ、南武線から多摩川河原まで続いていた引き込み線の跡を利用した遊歩道「さいわい緑道」や、「ミューザ川崎シンフォニーホール」「ラゾーナ川崎プラザ」といった大型ショッピング施設、文化施設がオープンし、暮らしやすい街へ進化している。

3路線が利用できる「川崎」駅、「羽田空港」直結の「京急川崎」駅徒歩圏内

「川崎」駅には徒歩やバスでアクセスできる
「川崎」駅には徒歩やバスでアクセスできる

戸手は交通アクセスの利便性も高い。「川崎」駅へは徒歩でもアクセスできるが、最寄りの「遠藤町」停留所からのバスも便利だ。「遠藤町」停留所からは「武蔵小杉」駅方面、「五反田」駅方面に向かうバスも利用できる。

「川崎」駅に出れば、「東京」駅や「品川」駅、「横浜」駅方面へ向かうJR東海道線やJR京浜東北線、「立川」駅方面に向かうJR南武線を利用可能。「川崎」駅の東口側には京急本線「京急川崎」駅もあり、「日本橋」駅など都営地下鉄浅草線方面にも乗り換えなしで移動できる。また、「京急川崎」駅からは「羽田空港」へ向かう電車もあり、飛行機を使った旅行も便利だ。

府中街道や第二京浜が通過する戸手は自動車の利用もしやすい。府中街道沿いには首都高速神奈川1号横羽線、神奈川6号川崎線の「大師」出入口もあり、「羽田空港」や東京都心、アクアライン経由で千葉県方面へのドライブも楽しめる。

「川崎」駅周辺に多彩なショッピング施設が集結

「三和 遠藤川崎店」などスーパーマーケットが身近
「三和 遠藤川崎店」などスーパーマーケットが身近

戸手周辺にはスーパーマーケット「三和 遠藤川崎店」や「そうてつローゼン 河原町店」があり、日常の買い物は身近で済ませることができる。エリアの南に広がる商店街「ハッピーロード・栄通り」では縁日などイベントが多く、散策がてらの買い物も楽しい。

「ラゾーナ川崎プラザ」も日常圏内
「ラゾーナ川崎プラザ」も日常圏内

さらに、「川崎」駅周辺は「ラゾーナ川崎プラザ」「アトレ川崎」「川崎ルフロン」「川崎アゼリア」など大型ショッピング施設が集まり、多彩な買い物ニーズを満たしてくれる。

エリア周辺には「幸区役所」など公共施設が多数

「幸区役所」に短時間でアクセスできる
「幸区役所」に短時間でアクセスできる

戸手からは「川崎市 幸区役所」や、「幸こども文化センター」「幸文化センター」など公共施設が近く、気軽に利用できることも魅力だ。とくに「幸文化センター」内には「幸市民館」や「幸図書館」があり、イベントも豊富なので、折に触れて利用すれば暮らしが豊かになるだろう。

「川崎」駅周辺は川崎市の行政の中心地として機能しており、多数の公共施設が集まる。「ソリッドスクエア」内に「神奈川県パスポートセンター 川崎支所」があり、身近でパスポートの申請や受け取りができることも便利だ。

日本文化を体験できる「川崎能楽堂」
日本文化を体験できる「川崎能楽堂」

エリア周辺には幼稚園・保育施設、小・中学校が揃うほか、「ミューザ川崎シンフォニーホール」「東芝未来科学館」「川崎能楽堂」といった文化施設もあり、子育ての場としても魅力が多い。小・中学校は徒歩5分圏内なので、子どもの通学も安心だ。

多摩川沿いや「南河原公園」で自然を満喫

多摩川を望む「多摩川見晴らし公園」
多摩川を望む「多摩川見晴らし公園」

暮らしの利便性に恵まれた戸手エリアだが、豊かな自然にも恵まれている。エリア東側を流れる多摩川沿いには「多摩川見晴らし公園」があり、雄大な風景を眺めながらくつろぐことができる。多摩川河川敷では、毎年8月に「多摩川花火大会」が開催され、約6,000発の花火が打ち上げられる。夏の風物詩を遠くまで出かけることなく楽しむことができることもこのエリアならではの楽しみだ。

「南河原公園」の桜
「南河原公園」の桜

また、エリアの南に広がる「南河原公園」は桜の名所としても有名で、夏は水遊びができるスポットとして親子連れでにぎわう。

「川崎」駅に近く、多摩川の自然を満喫できる川崎市幸区戸手。この街には確かに快適な暮らしの条件が揃っている。

あわせて読みたい。関連ページ