たまプラーザを知る

憧れの「多摩田園都市」、その中心地・たまプラーザに接する新石川エリア

横浜市青葉区、新石川エリアは住みたい沿線として人気の東急田園都市線沿線、「たまプラーザ」駅と「あざみ野」駅の間に位置する。この付近は東急電鉄を中心に整備された「多摩田園都市」の一角で、計画的な街づくりによりショッピング施設や教育施設、公園などが理想的に配置されているため暮らしの利便性が高い。

理想の住宅地を目指して開発された「多摩田園都市」

「多摩田園都市」の拠点としてにぎわう「たまプラーザ」駅
「多摩田園都市」の拠点としてにぎわう「たまプラーザ」駅

「多摩田園都市」はイギリスの田園都市構想の考え方を取り入れ、東急電鉄を中心に時代に合った理想の住宅地を目指して開発された新しい街だ。新石川二丁目の北側にある「たまプラーザ」周辺は「多摩田園都市」の拠点のひとつで、1966(昭和41)年に東急田園都市線の「たまプラーザ」駅が開業。合わせてショッピング施設などの整備も行われている。

「多摩田園都市」のまちづくりでは環境や景観に配慮されていることも特徴だ。現在も「多摩田園都市」には緑が豊かで、美しい街並みが広がり、住宅地として人気を集める理由の一つになっている。

東急田園都市線で東京都心直結

「たまプラーザ」駅には東急田園都市線の全電車が停車
「たまプラーザ」駅には東急田園都市線の全電車が停車

最寄りとなる「たまプラーザ」駅は東急田園都市線のすべての電車が停車する主要駅で、利用できる電車の本数が多い。東急田園都市線の大部分の電車は東京メトロ半蔵門線に直通運転が行われており、「渋谷」駅のほか「表参道」駅や「大手町」駅方面にもダイレクトアクセスできる。

「あざみ野」駅からは横浜市営地下鉄ブルーラインも利用できる
「あざみ野」駅からは横浜市営地下鉄ブルーラインも利用できる

エリアの南にある「あざみ野」駅からは東急田園都市線のほか横浜市営地下鉄ブルーラインも利用でき、「新横浜」駅や「横浜」駅、「関内」駅など横浜市中心部へのアクセスも良い。

エリアの東を通る国道246号など幹線道路も近いため、自動車の利用もしやすい。エリアの北には東名高速道路「東名川崎」ICがあり、高速道路にも短時間でアクセスできる。

「多摩田園都市」有数のショッピングタウン

「たまプラーザ」駅周辺に広がる「たまプラーザ テラス」
「たまプラーザ」駅周辺に広がる「たまプラーザ テラス」

「多摩田園都市」の拠点である「たまプラーザ」駅に近い新石川エリアは買い物も便利だ。「たまプラーザ」駅周辺には「たまプラーザ テラス」や「イトーヨーカドー たまプラーザ店」などショッピング施設が集まる。エリア周辺にはおしゃれな雑貨やファッションのショップも多く、散策しながらの買い物も楽しい。

東急田園都市線を利用すれば、「二子玉川」駅や「渋谷」駅、「表参道」駅周辺の人気のショッピング施設での買い物も気軽に楽しめるだろう。

私立名門校が身近に

「桐蔭学園」など人気の私立校が近い
「桐蔭学園」など人気の私立校が近い

新石川エリアは子育ての場としても魅力が多い。エリア内にある「美しの森幼稚園」や「青葉フレール保育園」など徒歩圏内に幼稚園や保育施設が充実する。「桐蔭学園」や「慶應義塾横浜初等部」など私立の名門校も近く、進路の選択肢は幅広い。

「横浜市たまプラーザ地域ケアプラザ」ではファミリー向けイベントもある
「横浜市たまプラーザ地域ケアプラザ」ではファミリー向けイベントもある

「たまプラーザ地域ケアプラザ」では親子で交流できるイベントが定期的に開催されていることもうれしい。

新石川二丁目がある青葉区内の小学生が私立中学へ進学する率は横浜市内トップレベルで、教育熱心なファミリーが多いエリアといわれている。「たまプラーザ」駅前や「あざみ野」駅周辺には「SAPIX」や「日能研」、「希学園」、「駿台」、「河合塾」など多数の学習塾が集まり、子どもの可能性を引き出してくれる。

暮らしに緑が息づく街

「美しが丘公園」をはじめ緑豊かな公園が多数
「美しが丘公園」をはじめ緑豊かな公園が多数

「新石川公園」や「新石川日向公園」、「美しが丘公園」など緑豊かで子どもの遊び場に適した公園も豊富だ。「たまプラーザ」駅周辺の大通り沿いには桜やケヤキなどの並木があり、暮らしの中で緑を感じられるだろう。

住宅地として人気の「多摩田園都市」。新石川二丁目も人気を集めるだけの魅力が揃っている。



あわせて読みたい。関連ページ