新百合ヶ丘の街を望む里山を活かした公園

向原の森公園

「川崎市立千代ヶ丘小学校」にほど近い、住宅街の中にある「向原の森公園」。武蔵野の里山を活かした公園は、子どもから大人まで、地元の方々の憩いの場となっている。

遊具は子どもに大人気
遊具は子どもに大人気

1.6ヘクタールの敷地の中には遊具がいくつか点在しており、小さな子どもたちでも遊べるものばかり。散歩に訪れる家族づれや、朝には公園内をウォーキングする人の姿も見受けられる。

地形を活かした遊具も
地形を活かした遊具も

さらに奥に進むと緑豊かな里山が広がっている。クヌギとコナラ、ホオノキやイヌシデ、ミズキといった落葉広葉樹が多く、紅葉の時期に季節を感じたり、野鳥の鳴き声を楽しむことができるだろう。園内には林道がいくつか延び、ちょっとしたハイキング気分が楽しめ、散歩するだけでも楽しい。階段を一歩一歩踏みしめながらしっかり登るもよし、体力に自信がある人はこの勾配差の中でジョギングするのもいいだろう。

里山の中をウォーキング
里山の中をウォーキング

また、木々の間から新百合ヶ丘の街を望むことができ、天気がいい日は富士山も見られるようだ。日々の生活の中でリラックスできる場所といえるだろう。

天気の良い日には富士山も
天気の良い日には富士山も

向原の森公園
所在地:神奈川県川崎市麻生区向原3-2-5 
http://www.city.kawasaki.jp/280/cmsfiles..

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ

人気の記事

  1. 向原の森公園