新路線の開通でさらなる利便性向上が期待される港北区新横浜2丁目

港北区新横浜2丁目は「新横浜」駅の西側に位置し、交通アクセスの利便性に恵まれた街だ。「新横浜」駅周辺には「キュービックプラザ新横浜」や「新横浜プリンスぺぺ」などショッピング施設も多く、住宅地としても暮らしやすいと人気が高い。

東海道新幹線開通後、徐々に都市として発展

新横浜2丁目は古くは農村地帯だったが、1964(昭和39)年10月の東海道新幹線開通に伴い「新横浜」駅が開業。横浜線も停車するようになった。

「新横浜プリンスぺぺ」などショッピング施設が誕生
「新横浜プリンスぺぺ」などショッピング施設が誕生

東海道新幹線開通直後は閑散としていた「新横浜」駅周辺だったが、1985(昭和60)年の横浜市営地下鉄ブルーライン開通で交通アクセスの利便性がさらに向上したこともあり、次第にオフィスビルやショッピング施設、ホテルなどが誕生した。現在は横浜市の交通、ショッピングの拠点としてにぎわっている。

東海道新幹線などが乗り入れる「新横浜」駅徒歩圏内

東海道新幹線も停車する「新横浜」駅
東海道新幹線も停車する「新横浜」駅

「新横浜」駅に近い新横浜2丁目は交通アクセスの利便性が大きな魅力となる。「新横浜」駅には東海道新幹線、JR横浜線、横浜市営地下鉄ブルーラインの3路線が乗り入れる。JR横浜線には「菊名」駅や「長津田」駅、「町田」駅など東京都心方面に向かう電車との乗り換え駅が多く、乗り換え1回でアクセスできるエリアは広い。さらに 横浜市営地下鉄ブルーラインでは「横浜」駅や「桜木町」駅、「関内」駅など横浜市中心部にも乗り換えなしで移動できる。

東海道新幹線を利用すれば「名古屋」駅や「京都」駅、「新横浜」駅方面に短時間で移動できるほか、「新横浜」駅からは「羽田空港」や「成田空港」に向かう直通バスもあり、旅行や出張の際もスムーズなアクセスがうれしい。

相鉄・JR直通線、相鉄・東急直通線の開通でさらなる発展に期待

新横浜2丁目付近では現在、相鉄・JR直通線と相鉄・東急直通線の工事が進められている。相鉄・JR直通線は相鉄線「西谷」駅から貨物専用の「横浜羽沢」駅間を結ぶ路線で、現在は貨物列車が利用している線路を使ってJR湘南新宿ラインに乗り入れる。

新駅誕生で交通アクセスが向上
新駅誕生で交通アクセスが向上

エリアの西に広がる「横浜羽沢」駅付近には「(仮称)羽沢」駅が設けられることになっており、2020(平成32)年予定の開通後は新横浜2丁目から東京都心方面へのアクセスが向上しそうだ。また、「(仮称)羽沢」駅周辺にはマンションやショッピング施設、子育て支援施設、展望施設などが入る複合施設の整備が予定されており、暮らしの利便性向上も期待されている。

相鉄・東急直通線の工事が行われている「新横浜」駅前
相鉄・東急直通線の工事が行われている「新横浜」駅前

相鉄・東急直通線は東急東横線、東急目黒線、横浜市営地下鉄グリーンラインが乗り入れる「日吉」駅から「(仮称)羽沢」駅を結ぶ路線で、「新横浜」駅にも新しい駅が誕生する。2023(平成35)年に予定されている開通後は「新横浜」駅から東急東横線、東急目黒線への直通電車が運行されることになっており、東京都心方面には3ルートでダイレクトアクセス可能になる。

今後の利便性向上が期待される横浜市港北区新横浜2丁目は、将来性に恵まれた住宅地として注目されている。

あわせて読みたい。関連ページ