元利均等? 元金均等? 住宅ローンはどちらを選ぶ?

住宅ローンには金利タイプ以外にも、大切な選択ポイントがいくつかあります。そのひとつが「元利均等返済型」と「元金均等返済型」の違い。それぞれの特徴をよく理解しておきましょう。

毎月返済額が一定になる元利均等返済

元利均等均返済は、毎月の返済金額が一定となるように元金と利息の割合を変化させていく計算方法をとったタイプ。返済額が一定なので長期間の資金計画を立てやすいというメリットがある一方、返済が始まった当初は返済額のほとんどを利息が占めることになるので、借り入れ元金がなかなか減らないというデメリットがあります。

当初の返済額が大きくなる元金均等返済

元金均等返済は、毎月の返済額に占める元金の割合を一定にして計算したタイプ。借り入れ元金が早く減っていくことと、その分にかかる利息が減るので総支払額も少なくて済むというメリットがあります。ただ、当初の返済額負担は元利均等に比べると大きくなるというデメリットがあります。ある程度年収が高めの人向きともいえるでしょう。

「子供の教育費もかかるから、できるだけ当初のローン支払いは抑えておきたい」といったケースなら元利均等返済となるでしょう。「将来は買い替えも考えているので、早くローンの元金を減らしておきたい」という人ならば元金均等返済を選ぶ方がいいでしょう。ただ、金融機関によっては元金均等返済を扱っていない場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

このページをご覧の方はこんなページもご覧になっています。

PAGE TOP
PAGE TOP