人気の多摩田園都市にあり、東急田園都市線急行停車駅「鷺沼」駅最寄りの川崎市宮前区有馬一丁目

川崎市宮前区有馬一丁目は東急田園都市線の「鷺沼」駅の南東に位置する。計画的な街づくりが行われた「多摩田園都市」の一角にあたり、大規模ショッピング施設や子育て・教育施設、公園などが使いやすい住宅地だ。

「多摩田園都市」開発で緑豊かで快適な住宅地が誕生

江戸時代の有馬一丁目周辺には矢倉沢往還(大山道)が通り、当時流行した大山詣に向かう人々が行き交っていたという。今の「宮前平」駅付近から「小台公園」付近への坂道、「鷺沼入口」交差点から「鷺沼1丁目」交差点に抜ける道が当時の矢倉沢往還のルートだ。

「鷺沼」駅周辺の街並み
「鷺沼」駅周辺の街並み

1960年代以降、有馬一丁目周辺は「多摩田園都市」の一部として東急電鉄を中心に計画的な街づくりが行われた。とくに有馬一丁目周辺は「多摩田園都市」の中でも早期に開発されたエリアで、1966(昭和41)年に土地区画整理が完了、同時に東急田園都市線が延伸され「鷺沼」駅も開業している。鉄道駅やショッピング施設を計画的に配置し、環境や景観にも配慮された街づくりは好評を博し、成熟した住宅地になった現在もその人気を保ち続けている。

東急田園都市線で東京都心にダイレクトアクセス

東急田園都市線の急行も停車する「鷺沼」駅
東急田園都市線の急行も停車する「鷺沼」駅

有馬一丁目は交通アクセスの利便性も高い。最寄りとなる「鷺沼」駅は東急田園都市線の急行や準急などすべての電車が停車する主要駅で、利用できる電車の本数が多い。東急田園都市線はほとんどの電車が、「渋谷」駅から先、東京メトロ半蔵門線に直通し、「表参道」駅や「大手町」駅など東京都心方面へもダイレクトアクセスとなる。

早朝の時間帯を中心に「鷺沼」駅始発で「渋谷」駅方面に向かう電車があり、「渋谷」駅方面からの東急田園都市線の終電も「鷺沼」行きで早朝深夜の利用も利便性が高い。また、「渋谷」駅から「鷺沼」駅まで深夜急行バスも利用でき、終電を逃しても安心だ。

エリアの南には国道246号が通り、自動車も使いやすい。エリアの北側には東名高速道路の「東名川崎」ICもあり、遠方へのドライブも楽しめる。

「鷺沼」駅前には大規模ショッピング施設「フレルさぎ沼」が建つ

専門店も多い「フレルさぎ沼」
専門店も多い「フレルさぎ沼」

有馬一丁目は買い物も便利だ。「鷺沼」駅前には、2011(平成23)年にリニューアルオープンしたショッピングセンター「フレルさぎ沼」があり、深夜1時まで営業しているスーパーマーケット「東急ストア」をはじめ、多彩な専門店が集まる。エリア周辺にもスーパーやコンビニエンスストア、ドラッグストアなどが揃い、日常の買い物を身近で済ませることが可能だ。

東急田園都市線沿線には「たまプラーザ」駅や「二子玉川」駅、「渋谷」駅など人気のショッピングタウン最寄り駅が多く、これらのショッピングタウンでの買い物を気軽に楽しめることもうれしい。

充実した子育て施設

子どもの遊び場として人気の「有馬こども文化センター」
子どもの遊び場として人気の「有馬こども文化センター」

川崎市は子育て支援が充実していることでも注目されている。例えば、子どもの遊び場や親同士の交流の場となり、子育て相談にも対応している「地域子育て支援センター」を市内各地に設置しており、エリア近くにも「地域子育て支援センターさぎぬま」がある。また、「有馬こども文化センター」も子どもの遊び場として人気だ。

水遊びも楽しめる「鷺沼ふれあい広場」
水遊びも楽しめる「鷺沼ふれあい広場」

エリア周辺には「小台西公園」や「小台公園」といった子どもの遊び場に適した公園が充実するほか、「鷺沼」駅北にはフットサルコートや水遊びができる池、芝生広場などがある「鷺沼ふれあい広場」もあり、休日の楽しみも多い。

「鷺沼駅周辺再整備」が進行中

川崎市では「鷺沼」駅の駅前広場や「フレルさぎ沼」を中心に交通広場の再編やバス路線の新設、公共施設の整備などを盛り込んだ「鷺沼駅周辺再整備」の計画を進めている。2018(平成30)年度中に都市計画決定、早ければその翌年に着工することが予定されており、今後はさらなる利便性向上も期待できそうだ。

多摩田園都市ならではの暮らしやすさに恵まれ、将来性も豊かな川崎市宮前区有馬一丁目。この街には住宅地として人気を保ち続ける魅力が確かにある。