「相模原」駅に近く、便利な暮らしを満喫できる相模原市中央区相模原三丁目

相模原市中央区はその名の通り、2010(平成22)年に政令指定都市となった相模原市の中央に位置し、「相模原市役所」を擁するなど相模原市の行政の中心地として機能している。相模原三丁目は「相模原」駅の南側に位置し、ショッピング施設や公共施設に恵まれた暮らしやすい街だ。

JR横浜線「相模原」駅至近という利便性

JR横浜線「相模原」駅前
JR横浜線「相模原」駅前

「相模原」駅に近い相模原三丁目は交通アクセスの利便性も高い。「相模原」駅からJR横浜線に乗って1駅の「橋本」駅で京王相模原線に乗り換えれば「新宿」駅方面にスムーズにアクセスできる。「橋本」駅は京王相模原線の始発駅で、少し並んで待てば座って移動できることもうれしい。京王相模原線には都営地下鉄新宿線への直通電車もあり、「市ヶ谷」駅や「神保町」駅など東京都心へのアクセスも良い。

JR横浜線を利用すれば「八王子」駅や「町田」駅、「横浜」駅など多くの路線が集まるターミナル駅にダイレクトアクセスできるほか、東海道新幹線接続の「新横浜」駅にも乗り換えなしで移動できる。

近隣のショッピング施設が充実

「セレオ相模原」内にある「ライフ 相模原駅ビル店」
「セレオ相模原」内にある「ライフ 相模原駅ビル店」

相模原三丁目は買い物も便利だ。「ライフ 相模原駅ビル店」や「スーパー三和 相模原中央店」などスーパーマーケットが近いほか、「相模原」駅前の「相模原イッツ」や「セレオ相模原」といったショッピング施設も専門店が多く便利だ。

「橋本」駅北口に建つ「ミウィ橋本」
「橋本」駅北口に建つ「ミウィ橋本」

「橋本」駅周辺に出れば「アリオ橋本」や「イオン橋本」、「ミウィ橋本」といった大規模ショッピング施設が揃い、多彩な買い物ニーズを満たすことができる。

「相模原市役所」も徒歩圏内
「相模原市役所」も徒歩圏内

エリアの南東徒歩圏内には「相模原市役所」や「相模原市民会館」など公共施設が集まるほか、「橋本」駅前の「ミウィ橋本」内にも「相模原市立橋本図書館」や「杜のホールはしもと」があり、行政手続きや公共サービスの利用もしやすい。

子育てファミリーが暮らしやすい街

「相模原市立清新小学校」にも短時間で通学可能
「相模原市立清新小学校」にも短時間で通学可能

相模原三丁目は子育て環境に恵まれていることを紹介する。「清心幼稚園」や「相模原保育園」など幼稚園や保育施設が充実するほか、「相模原市立清新小学校」や「相模原市立清新中学校」も1km圏内にあり、短時間で通学できる。

緑豊かな「横山公園」
緑豊かな「横山公園」

「相模原」駅前に学習塾や習い事施設が集まり、子どもの遊び場に適した公園が近いこともうれしい。エリアの南側にはスポーツ施設やプールがある「横山公園」も広がる。

エリア周辺では「相模原市民桜まつり」や「橋本七夕まつり」、「相模ねぶたカーニバル」、「さがみはらフェスタ」、「相模原ウィンターイルミネーション」など季節のイベントも豊富で、ファミリーで参加すればよい思い出になるだろう。

「相模総合補給廠」内の開発や中央リニア新幹線開通でさらに発展

「橋本」駅近くにオープンした「アリオ橋本」
「橋本」駅近くにオープンした「アリオ橋本」

相模原市は2010(平成22)年に政令指定都市になり、大規模ショッピング施設「アリオ橋本」がオープンするなど、近年、飛躍的に発展している。

今後、「相模原」駅周辺では「相模総合補給廠」内の南北道路や東西道路の本整備が予定されているほか、JR横浜線の立体交差化も計画されている。さらに、尾根幹線道路や小田急多摩線の延伸の構想があり、「橋本」駅には中央リニア新幹線の駅が設置される計画で、さらなる発展が期待されている。

「相模原」駅至近で暮らしの利便性に恵まれ、将来性も豊かな相模原市中央区相模原三丁目。ここは住宅地として注目を集めているエリアだ。



あわせて読みたい。関連ページ