名店やドイツでの修業経験を持つ富樫シェフの味を堪能して

カフェ・トガシ

カフェ・トガシ
カフェ・トガシ

「カフェ・トガシ」の看板に描かれているてんとう虫。ドイツでは“幸せの象徴”とされている。そこには、ドイツでの修業経験を持つ富樫シェフの、来店するお客様に幸福が訪れるようにという想いが込められている。

カフェ・トガシ
カフェ・トガシ

店内に入ると、入り口近くにはパンコーナー、中はウッディな落ち着いた空間が広がっている。カウンター4席、テーブル24席の合計28席と、席のピッチが広いこともあってゆったり食事ができる。店の奥には雑貨やスイーツのショーケースも。

カフェ・トガシ
カフェ・トガシ

パンコーナーに並ぶパンは、多くが大ぶり。プレッツェルやじゃがバターしょうゆ、あんぱんなど、いずれもかなりコストパフォーマンスが良さそうだ。中でも、15センチ近くありそうなクロワッサンの大きさにはビックリ。上質なバターを使用しているクロワッサンは、その味わいと食感の良さで同店の人気NO.1となっている。

カフェ・トガシ
カフェ・トガシ

温もりある店内では、9時から11時までは「クロワッサンセット」「クロックムッシュセット」などのモーニングメニュー、11時からは「とがしのフレンチトースト」「ハニートースト」「本日のケーキセット」などのデザートメニュー、14時からは「自家製トーストのシチュー」「サンドイッチ」「手打ちパスタのカルボナーラセット」「手打ちパスタのナポリタンセット」などのお食事メニューのほか、ランチ限定メニューも用意されている。太めの手打ちパスタのもちもち感は、クセになりそうな食感だ。

外がパリッと、中がクリーミーな「スフレパンケーキ」も、「フレンチトースト」と並ぶ人気メニューの一つとなっている。ベリーの酸味とパンケーキの甘さが口の中で溶け合って、どこか心和むやさしい味わいである。

カフェ・トガシ
カフェ・トガシ

また、地域の人たちに愛されるよう、相模原市の食材を使用している。パンやケーキ、料理には、100年以上の歴史を持つ相模原市田名の「おがわのたまご(R)」を使用。ショーケースには、富樫家で収穫した無農薬のレモンを使用した「タルトシトロン」も並んでいた。ケーキは富樫シェフのドイツでの修行経験を活かしたドイツ菓子がメインとなっている。

カフェ・トガシ
カフェ・トガシ

富樫幸至シェフは、「パティスリー キハチ」「ジャンポールエヴァン」といった名店でパティシエとして腕を振るい、「2012ジャパンケーキショー」トップオブパティシエでは入賞経験も持つスペシャリストでありながらも、店の雰囲気さながらに温かい笑顔で迎えてくれるお人柄。そんな富樫シェフのスペシャリティコーヒーや手作りパン、洋菓子を寛ぎの店内で存分に味わってほしい。

カフェ・トガシ
所在地:神奈川県相模原市中央区中央1-10-15
電話番号:042-707-1800
営業時間:月曜日11:00~15:00、火曜日~土曜日9:00~18:30
定休日:日曜日、不定休
※不定休については、FacebookかTwitterを参照のこと
http://www.cafetogashi.com/

詳細地図