相模原市南区豊町エリアの子育て環境をチェックしてきました!

商業施設、公共施設、文化施設、教育施設、医療施設などに加え、緑豊かな公園や緑地が多数点在する「相模大野」駅周辺エリア。都市型の利便性を享受できる一方で、豊かな自然環境や地域住民とのふれあいの素晴らしさを感じながら暮らせる環境です。今回は、その中でも子育てファミリーにとって、実際に暮らしやすい環境が整っているかをチェックしてみることにしました。公園で遊ぶ子どもたちや、学校の校庭で元気に運動する子どもたち、保育士さんに連れられてお散歩する乳幼児、そして、ベビーカーを押しながら公園やカフェに向かうママ友さんたち、皆それぞれに明るい笑顔。子育て環境の充実ぶりを期待できそうです。

「相模大野中央公園」
「相模大野中央公園」

小田急線「相模大野」駅の北口を出て、県道51号を通り越して真っすぐに進むと、緑豊かな木々が繁る公園が見えてきました。それが、相模大野の街のシンボルにもなっている「相模大野中央公園」。総面積3ha弱の敷地内には、相模湾をイメージした池と噴水のある「水の広場」や「芝生広場」、さらに複合遊具もあり、子どもたちでいっぱい。そんな「相模大野中央公園」の東には「相模女子大学」や付属図書館、「相模女子大学幼稚部」もあり、落ち着いた雰囲気の文教エリアとなっています。

「相模大野中央公園」
「相模大野中央公園」

保育園・幼稚園も多い

「相模女子大学幼稚部」
「相模女子大学幼稚部」


「相模女子大学幼稚部」の北側には「神奈川県立相模原中等教育学校」「相模原市立大野南中学校」「神奈川県立神奈川総合産業高等学校」、「相模女子大学」の南側には「相模原市立谷口台小学校」と、それぞれに広い敷地を擁する教育施設が集まっています。公立の小学校というと校舎の前に校庭というスタイルがほとんどですが、「相模原市立谷口台小学校」の場合は校舎の東隣に校庭が並んでいるといった感じ。サッカーと野球を一緒にできそうなくらい広い校庭が印象的です。これならのびのびと遊べそう。小学校近くには「ひよこ学童クラブ」と書かれた施設も見かけました。

文教エリア

「相模女子大学」
「相模女子大学」

広い校庭が特長

「相模原市立谷口台小学校」
「相模原市立谷口台小学校」


「市立谷口台小学校」の南側に当たる豊町へは、近隣住民が手入れしているのか、道の左右にさまざまな草花が植えられている緑道があり、小田急線を越した先にある「相模緑道緑地・林間公園」の方まで続いています。「相模原市立谷口台小学校」と「旭町」停留所のほぼ中間地点には「相模原市立相模大野ふれあい広場」がありました。

そこから少し東に行けば「ひよこ第3保育園」。0歳児から未就学児童を対象に「ひよこ第3保育園子育て広場」として、集会所でのリズム遊び、「ボーノ相模大野」地域福祉交流ラウンジでのふれあい遊びなど、参加無料の親子サロンが告知されていました。毎週水曜日の午前中には、同園に通っていない子どもにも園庭開放を行っています。

広場や児童公園も
いっぱい

「相模大野ふれあい広場」
「相模大野ふれあい広場」

「ひよこ第3保育園」
「ひよこ第3保育園」


「ひよこ第3保育園」の南方面には「豊町あかつき公園」「南大野太陽保育園」が。豊町だけでも2つの保育園があるので、子育て施設の充実ぶりがわかります。

独自の教育を行う個性豊かな幼稚園も点在しており、バス通園を行っているため、選択肢は豊富です。道を挟んで「南大野太陽保育園」の向かいには、小児科専門医が常勤している「油井クリニック」もありました。

隣には
「豊町あかつき公園」も

「南大野太陽保育園」
「南大野太陽保育園」

小児科専門医2名が常勤

「油井クリニック」
「油井クリニック」


さらに、近くには神奈川県相模原市の外科・内科救急告示病院に指定されていて、入院施設も擁する総合病院「黒河内病院」もあります。子どもの急な体調不良やケガなどの治療・通院において、頼りになる存在となりそうです。また、「豊町」の次の「旭町」停留所近くには、小児歯科にも対応してくれる「ふじみ歯科クリニック」も。地域密着型のかかりつけ医院は、住宅街にも多数点在しており、小児科診療のクリニックも少なくありません。その中から、子どもと相性のいい先生を探せそうです。

桜が満開!

「黒河内病院」
「黒河内病院」

県道51号沿い

「ふじみ歯科クリニック」
「ふじみ歯科クリニック」


自然環境についても見ていきましょう。豊町に隣接する旭町には「大野南こどもセンター」があり、ふれあい親子サロンをはじめ、子育て広場、おはなし会などのイベントを定期的に実施しています。施設は木々に囲まれた自然豊かな環境で、子どもたちが駆け回るにはうってつけです。小田急線の線路沿いには「相模緑道緑地・林間公園」も。公園内には地域コミュニティを図るための「東林ふれあいセンター」もあり、その「ふれあい交流室」や「大野南こどもセンター」のふれあい親子サロンは、子育てファミリーの友だちづくりに一役買っています。

定期的にイベントを開催

「大野南こどもセンター」
「大野南こどもセンター」

児童遊具や
健康遊具もあり

「相模緑道緑地・林間公園」
「相模緑道緑地・林間公園」


「相模大野銀座商店街」周辺もチェックしてみましょう。「ぎんちゃん通り」の名で親しまれる「大野銀座商店街」の最西端に立つ瀟洒な建物は「相模原市南保健福祉センター」で、こちらには「南子育て支援センター」の「プレイルーム」があります。駅に向かう途中には「山崎こどもクリニック」や広々とした「プラザシティ相模大野公園」もありました。歩道にはかわいい動物やメルヘンタッチのイラストのパネルが並んでいるので、子どもと一緒に散歩しながらお買い物もできそうです。2016(平成28)年にオープンした「cafetsumuri」はママ友の交流の場として人気上昇中。子育てしながら、地域に馴染める風土が根づいています。

相模大野銀座商店街沿い

「プラザシティ相模大野公園」
「プラザシティ相模大野公園」

キッズスペースあり

「cafe tsumuri」
「cafe tsumuri」


発見ポイント!

子どもをのびのびと育てられる環境
子どもをのびのびと育てられる環境

  • (1)駅近くには広い「相模大野中央公園」があり、豊町周辺には児童公園や緑地も多数点在
  • (2)相模女子大学・附属学校をはじめ、保育園・幼稚園、小学校などが集まる文教エリア
  • (3)救急告示病院や、小児科・小児歯科対応のクリニックもあり、医療機関が充実