カフェとブーランジェリーが一緒になったやさしい雰囲気のお店

kacha kacha cafe

JR横浜線「大口」駅から少し歩いた大きな通りの角にある「kacha kacha cafe(カチャカチャカフェ)」。少々古めかしい扉を開けると、入り口近くにずらっと並んだおいしそうなパンやベーグルが目に飛び込んでくる。「kacha kacha cafe」を営むご夫婦の妹さん手作りの、北海道産の小麦粉や天然酵母など素材にこだわった「BOULANGERIE NICO」のパンだ。ご家族で営んでためか、店内はまるで自分の部屋に帰ってきたようなゆるやかな空気が流れている。

週替わりのランチメニューはしっかりお腹を満たせるボリューム
週替わりのランチメニューはしっかりお腹を満たせるボリューム

ベーグルは「マカダミア岩塩」や「クリームチーズ甘夏」、「いちぢくとくるみ」など種類豊富で、ベーグルを買いに毎日通いたくなってしまう。噛みしめると小麦本来の味がふんわりと口のなかに広がる。素材も卵や油脂を使わずにできるだけ身体にやさしいものでつくられているそうだ。

店内のあちこちにある本棚には絵本がたくさん
店内のあちこちにある本棚には絵本がたくさん

カフェメニューも豊富で、「週替わりのごはんセット」「スパゲティセット」「お野菜たっぷりチーズカレー」や、「ふわふわ玉子のオムライス」「天然酵母パンのサンドイッチ」といった定番メニューは、どれもおなかと心をやさしく満たしてくれそう。そしてボリュームがあり、充実の内容となっている。

2階の工房で作られる焼きたてのパンやベーグル
2階の工房で作られる焼きたてのパンやベーグル

大きな窓と高い天井で開放感にあふれた店内は、ご近所から集まった女性や子どもの朗らかな笑顔に包まれている。店内にある絵本を読みながら、ついついのんびりしたくなってしまうだろう。夜はアルコールも提供しているので、会社帰りに少しだけリラックスするのにもよいだろう。2階には落ち着いたカフェ「ミカンバコ」もあり、こちらはうって変わって大人のみの静かな空間が広がっている。1人でも、友人や家族と一緒にでも、何度でも訪れたくなる素敵なお店だ。

窓から差し込む光とグリーンがさわやかな2階の「ミカンバコ」
窓から差し込む光とグリーンがさわやかな2階の「ミカンバコ」

kacha kacha cafe
所在地:神奈川県横浜市神奈川区入江2-4-14  加藤ビル1F
電話番号:045-434-1324
営業時間:11:00~16:00、18:00~21:00(火~金曜日)※L.O.閉店30分前
定休日:日曜日(不定休)
https://twitter.com/kacha_cafe

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ