2路線利用可能でショッピング施設が充実、再開発でさらなる発展が期待される横浜市緑区中山エリア

横浜市緑区は横浜市の北西、鶴見川沿いに広がる。「中山」駅周辺に広がる中山エリアは「緑区役所」を擁するなど、緑区の中心として機能している。「中山」駅は1908(明治41)年の横浜鉄道(現・JR横浜線)開通時に誕生し、長い歴史を誇る。江戸時代の中山エリアは中原街道沿いの農村地帯だったが、鉄道開通に伴い宅地化が進んだ。

2路線が利用できる「中山」駅最寄り

中山駅
中山駅

中山エリアは交通アクセスの利便性も高い。「中山」駅からはJR横浜線と横浜市営地下鉄グリーンラインの2路線を利用できる。JR横浜線を利用すれば、東海道新幹線接続の「新横浜」駅をはじめ、「横浜」駅や「町田」駅などにダイレクトアクセス可能だ。

横浜市営地下鉄グリーンラインでは「日吉」駅のほか、多くのショッピングが集まる「センター南」駅や「センター北」駅にアクセスできる。横浜市営地下鉄グリーンラインは「中山」駅が始発となり、座って移動できることもうれしい。

東名高速道路の「横浜青葉」ICや第三京浜道路の「港北」ICが近い中山エリアは自動車も使いやすく、東京都心や横浜市中心部方面へ快適なドライブを楽しめる。

「中山」駅周辺に多彩なショッピング施設が集まる

「中山」駅北口に建つ「東急ストア 中山店」
「中山」駅北口に建つ「東急ストア 中山店」

中山エリアは買い物環境も良い。「中山」駅周辺には「ビーンズ中山」や「東急ストア 中山店」、「マルエツ 中山店」といったショッピング施設が揃い、日常の買い物を身近で済ませることができる。

少し足を延ばせば、「ららぽーと横浜」や「IKEA 港北」など大規模ショッピング施設が揃うほか、横浜市営地下鉄グリーンラインに乗って「センター南」駅や「センター北」駅まで行けば「港北東急 S.C.」、「ノースポートモール」、「港北みなも」などのショッピング施設もある。

緑区役所
緑区役所

「中山」駅付近には「横浜市緑区役所」があり、行政手続きなどが必要になっても短時間で済ませることができる。

近隣の子育て・教育施設が充実

「神奈川大学附属中学校・高等学校」など人気の教育施設が近い
「神奈川大学附属中学校・高等学校」など人気の教育施設が近い

中山エリアは子育ての場としても魅力が多い。近隣に幼稚園や保育施設が揃うほか、小・中学校も通いやすい場所にある。進学校として知られる「神奈川大学附属中学校・高等学校」も身近で、進路の選択肢も豊富だ。

「中山」駅周辺には学習塾のほか、各種習い事施設が集まり、子どもの好奇心を満たしてくれる。また、「中山地区センター」のプレイルームや「中山地域ケアプラザ」で定期的に開催される子育てサロンなど子育てサポートが充実していることもうれしい。

豊かな緑が寄り添う街

ジャンボすべり台がある「県立四季の森公園」
ジャンボすべり台がある「県立四季の森公園」

緑区はその名の通り、緑被率が横浜市内で1位を誇り、中山エリア周辺も「新治市民の森」や「三保市民の森」、「県立四季の森公園」など緑に親しめるスポットが多い。恩田川沿いや谷本川沿いには農地が残り、直売所などで新鮮な野菜を購入できることも魅力だ。

少し足をのばせば、動物との触れ合いを楽しめる「よこはま動物園ズーラシア」、サッカーJリーグの試合やコンサートなどが行われる「日産スタジアム」もあり、多彩な休日を満喫できる。

再開発事業でさらに便利で快適な街へ

「中山」駅南口では再開発事業が予定されている
「中山」駅南口では再開発事業が予定されている

現在、中山エリア周辺では都市インフラ整備が進められている。「中山」駅の南側では再開発事業が進行中で、ショッピング施設や住宅が入る3棟の建物が整備されることになっている。駅前広場の整備や「中山」駅前につながる道路の拡幅も予定されており、2024年の完成後はさらに便利で快適な街になりそうだ。

暮らしの利便性と豊かな自然環境を併せ持ち、将来性も豊かな横浜市港区中山エリア。ここは住まいの場として改めて注目を集めている街だ。