ロケーションボタン   長津田エリアガイドボタン  

長津田エリアガイド >> € コラム >>  再開発で新たな魅力が加わった長津田

再開発で新たな魅力が加わった長津田

東急田園都市線「渋谷」駅まで約28分で結ばれるという交通の便利な場所にあり、豊かな自然にも恵まれている人気の街、長津田。

長津田駅前歩行者デッキ

「長津田」駅は、JR横浜線、東急田園都市線・こどもの国線の乗換駅だ。横浜市北部の主要な交通結節点だが、駅前広場や道路等の公共施設の整備が充分でないまま市街地が形成され、交通安全や防災などの面が問題となっていた。これらの課題に対処するため、駅北口では市街地再開発事業等の整備が、南口では駅前広場や道路の整備が、それぞれ進められてきた。

長津田マークタウン

駅北口の再開発事業(長津田駅北口地区第一種市街地再開発事業)は、「長津田」駅北口付近の約2.2ヘクタールのエリアで行われたもの。2010(平成22)年から工事が始まった再開発によってバスやタクシーの乗り入れが可能な交通広場が設置され、再開発ビルが建設された。

緑区民文化センター

敷地面積は約1.1ヘクタールで、再開発エリアの約半分を占める再開発ビル(長津田マークタウン)は、「マルエツ 長津田駅前店」をはじめとする専門店が入る商業ビル、「緑区民文化センター」などからなる複合施設。「緑消防署長津田消防出張所」や駐輪場といった、周辺エリアの人口増加に伴って必要になる施設も誕生した。

長津田駅北口駅前広場

2014(平成26)年8月には、神奈川中央交通のバス「青葉台駅行」「町田バスセンター行」「成瀬台行」(あかね台北経由)が発着する駅前広場と歩道橋の供用も開始され、事業のほぼ全てが完了。北口エリアはスマートで便利な姿に生まれ変わった。

長津田駅南口駅前広場

一方、2002(平成14)年に「長津田駅南口入口」交差点から駅南口を結ぶ道路の拡幅、歩道の整備事業が開始された「長津田」駅の南口側(長津田駅南口地区)も、利便性の向上に向けて整備が進められている。それに加え、「長津田」駅南口にも、バスやタクシーの乗降場などを備えたロータリーが整備され、混雑の緩和や安全性の向上が期待されている。(長津田駅南口線の事業期間は2016(平成28)年度までを予定)

今後も長津田エリアの暮らしやすさはますますアップすることになるだろう。

※掲載の距離表示は「サクタスシティ長津田みなみ台」からの距離になります