女性と子どもの味方!ナチュラル&シンプルな定食

木月キッチン

お店の外観
お店の外観

女性オーナーの時田さんが営む「木月キッチン」は、女性が気軽に寄れる定食屋。OLの時に女性が気軽に入れる定食屋が少ないと感じていたことがきっかけで、2012(平成24)年にオープンしたお店だ。最初は夜だけの営業だったが、口コミで次第にお客さんが増え、スタッフも増えたタイミングで昼の営業もスタート。今では常連客を中心に大勢のお客さんで賑わっている。

無農薬玄米100%のご飯
無農薬玄米100%のご飯

食事の特徴は、何といっても手づくり料理。「化学調味料や保存料、添加物、白砂糖などを使わず、ヘルシーな料理を心がけています」とこだわりを教えてくれた。ご飯は山形新庄の農家から仕入れた食物繊維がたっぷりの無農薬玄米100%。野菜は産地にこだわり、季節が感じられる旬の野菜を使用している。

塩麴に漬けた豆腐にキノコの餡がかかった「豆腐のソテー」がこの日のメイン
塩麴に漬けた豆腐にキノコの餡がかかった「豆腐のソテー」がこの日のメイン

ランチのおすすめメニューは彩り豊かな料理がたくさん並ぶ「昼ごはんのプレート」。定食には必ず副菜3~4種とお味噌汁、無農薬玄米が付き、副菜は1日に摂取するべき野菜の量を目安に献立を立ているそう。そこに肉と野菜の主菜とサラダが並ぶのだから、栄養といいボリュームといい満点だ。

桃のジャムが大人の甘さを演出「豆乳のヨーグルト」
桃のジャムが大人の甘さを演出「豆乳のヨーグルト」

ほかにも「お肉の定食」や「お野菜の定食」など、数種類の定食メニューが用意されている。また、量を減らした定食メニューがあるのは女性はもちろん、子どもに喜ばれている理由だ。

店内の様子
店内の様子

食事で地域貢献をと考えている時田さんは、子どもたちの孤食や栄養不足を少しでも解消しようと、毎月1回土曜日に「キッズキッチン」を開催している。子どもは100円、同伴者の大人は300円で食事ができるイベントだ。両親が共働きで少人数で食事をする機会が多い子どもたちに、皆でわいわい楽しく食卓を囲む機会を与える素敵な活動だ。

「開店当初は女性や子どものお客様がほとんどでしたが、最近は男性のお客様もいらっしゃるようになってきました」と、ファン層の広がりがうかがえる。夜はお惣菜とお酒のセットメニューもあり、女性客はもちろん、男性も気軽にお酒を楽しんで帰るそうだ。

木月キッチン
所在地:神奈川県川崎市中原区木月2-3-15
電話番号:044-572-3214
営業時間:ランチ11:30~14:00、ディナー17:30~21:30
定休日:月・日曜日、祝日 ※火曜日ランチと土曜日ディナーは休み
https://ameblo.jp/kizukikitchen-2012/

詳細地図