森の里5丁目自治会 東 俊憲さん インタビュー

住民の声を拾い、街の改善へ
「森の里5丁目自治会」が取り組む「心地よい街づくり」とは

大手企業の研究所、大学、住宅が一体となり、豊かな自然を残したまま開発が進められた森の里。1丁目から始まった宅地造成は5丁目で完結し、すでに組織されていた1丁目から4丁目までの各自治会にアドバイスをもらい、「森の里5丁目自治会」は立ち上がった。今回は、同自治会の活動内容をはじめ、課題、展望、そして森の里の住み心地について、「森の里5丁目自治会」の自治会長の東 俊憲さんにお話を伺った。

街を見守る自治会の役割

「森の里5丁目自治会」会長 東さん
「森の里5丁目自治会」会長 東さん

――さっそくですが、「森の里5丁目自治会」の歩みを聞かせてください。

東さん:森の里は、第一期入居の開始から2015(平成27)年で30年目を迎えました。宅地造成は1丁目から順々に進められたので、5丁目はその最後となります。周りがそうであったように、5丁目も自治会が組織されたわけですが、当時のことを伝え聞いた限りでは、周りから様々なアドバイスをいただきながら立ち上げたそうです。

同じ街なので、組織運営に大きな違いはありませんが、5丁目だけは自主消防隊があり、消防倉庫のなかには初期消化に対応する小型ポンプが入っています。出番のないことが一番望ましいのですが、広域災害のときなどには役立ってくれると思います。

森の里5丁目自治会
森の里5丁目自治会

――「森の里5丁目自治会」の普段の活動について教えていただけますか。

東さん:行政からの連絡事項を各戸に伝達することが大きな仕事です。それ以外では、前出の消防ポンプや消火栓を使った消防訓練も年2回行ったり、イベントの企画や準備で集まったり、前月の出来事や活動を共有したりする会議などもあります。

森の里5丁目自治会
森の里5丁目自治会

――“地域との関わり”というテーマで、イベントについて聞かせてください。

東さん:森の里には5月の「鯉のぼりまつり」、8月の「夏まつり」、そして12月に開催される「クリスマスまつり」があります。5丁目独自のイベントということでは、「納涼祭」が挙げられます。自治会館の隣にある公園をメイン会場とし、幅広い年代が楽しめるイベントとなっています。少しテーマから外れるかもしれませんが、清掃などのイベントでは地域貢献ということで「松蔭大学」や「厚木西高校」の学生が手伝ってくれます。

子どもも大人も楽しめる森の里の「納涼祭」
子どもも大人も楽しめる森の里の「納涼祭」

――活動するにあたって、特に大切にしていることはありますか?

東さん:やはり常に考えるべきは、どうすれば住民同士の交流がより活発化するかということです。互いが構えることなく挨拶ができ、いつでも気軽に世間話ができるような結びつきを作ると同時に、互いにとって居心地のよい距離感を保つことが理想です。

現在町内会の加入率は86%。自然災害を含め、何事もないのであればいいのですが、心配なのは広域災害が発生したときです。名前を知らず、挨拶もしたことがないというのでは何かあったときにスムーズな連携ができません。これは巨大地震に限った話ではなく、数年前の大雪のときも強く感じたことです。

――「森の里5丁目自治会」の課題と、今後の展望についていかがでしょうか。

東さん:長く住めば、様々な改善点が見えてくるものです。私たちはそうした住民のみなさんの意見を拾い上げ、真摯に対応していきたいと思っています。森の里全体としては、移住者をもっと増やすことが課題ですね。ここでの生活に満足している方が多いこともあり、これまで“外”に目を向けず、街としてあまり情報発信をしてきませんでした。その結果、若者の引越し先としての選択肢に入りづらくなってしまったということもあります。ですが、森の里は年代問わず大人から子どもまでゆとりある生活が送れる街だと思いますので、これからは森の里の魅力をより多くの人に伝えていければと思います。

森の里ならではの環境

――森の里の好きなこところや、住めば分かる良さがあればぜひ教えてください。

東さん:世代も近く、一斉に移ってきた住民が大半なので境遇が似ていて、初対面でも話しやすいというのが魅力ですね。それと、周りが公園に囲まれているので乱開発の恐れがなく、安定した住環境が保たれるという安心感も大きいと思います。私には子どもが3人いますが、この街で育てることができて本当に良かったと思っています。落ち着いた住環境はもちろんですが、庭でバーベキューをしている方も見かけますし、昼でも夜でも散歩をしている方がいるので安心感も得られます。

納涼祭の様子
納涼祭の様子

――最後になりますが、森の里に住むことを検討されている方にメッセージをいただけますか?

東さん:小田急線「本厚木」駅から少し距離はありますが、自動車があれば別段気になりません。シニア世代にも子育て世代にも魅力のある街だと思います。森の里に移って来られた方が、“ここに住み続けたい”と言うのを聞くこともあります。街としての課題はまだありますが、まずは一度この街に来ていただき、存分に街の雰囲気を味わっていただければと思います。

東 俊憲さん
東 俊憲さん

森の里5丁目自治会

自治会長 東 俊憲さん
所在地:神奈川県厚木市森の里5
URL:http://www.morinosato.net/5/
※この情報は2018(平成30)年3月時点のものです。