自分たちが「食べたい!」と心の底から思えるパンと料理を提供するベーカリー&カフェ

KOaA(コア)

東急田園都市線の「高津」駅から徒歩4分、閑静な住宅街の一画にあるのは、美味しいパンと料理を振る舞ってくれるベーカリー&カフェ。月に数回「パンレッスン」も行われ、女性に大人気のお店だ。

KOaA(コア)
KOaA(コア)

店長の大藪さんは、もともとパン教室の先生をしていた。「おいしいパンを販売したい」と、2011(平成23)年4月に「KOaA」をオープン。その後、「自分でも食べたいと思える料理を提供したかった」と、ランチやディナーの提供を始めた。

工房ではパン教室の卒業生も働いている
工房ではパン教室の卒業生も働いている

パン工房では、大藪さんを慕う古くからの友人や、パン教室を卒業した元生徒などが一生懸命に働いている。作っている時のスタッフの表情は真剣そのもの。美味しそうなパンや料理が次々に作られていく。
素材へのこだわりは強い。小麦から酵母、塩、牛乳、バターなどなど、特にパン作りに欠かせない食材の仕入れには大藪さんの強い思いがこめられている。

素材にこだわったパン
素材にこだわったパン

カフェのオープンは、第1・2・4の金土日の3日間だけ。どうして3日なのか大藪さんにお聞きしたところ、「食材や作り方にもこだわっているので、パンを完成させるのに3日はかかります。月曜日は食材の仕入れに集中したいので、火曜日に準備を始めます。だから3日後の金曜日からしか営業できないんです」と事情を教えてくれた。

常時20種類ほどの商品が並ぶ
常時20種類ほどの商品が並ぶ

店内には、数々のパンが並ぶ。「常時、20種ほどあります」と言うように種類は豊富だ。訪れるお客が楽しそうにパンを選んでいる様子が何度も見られた。

人気メニューの1つ「今週のプレート」を振る舞ってくれた。この週のテーマは「韓国」とのことで、ビビンバとフォカッチャによる「ビビンババーガー」をいただいた。フォカッチャにはマッコリが隠し味に使用されているというから、テーマに沿った並々ならぬ研究とこだわりが伺える。驚きは、ナムルをはじめ、マスタードやゴマ豆腐まで、その多くが手作りだということ。鶏肉とホタテの出汁で作ったスープも満足感があり、韓国料理店で定食をいただいているような気分になった。

「今週のプレート」の一例。この週のテーマは「韓国」
「今週のプレート」の一例。この週のテーマは「韓国」

ディナーも魅力的な内容だ。素材にこだわった絶品メインディッシュの他に、前菜やデザート、ワインなどを味わえる。特に、野菜ソムリエの大藪さんが厳選した素材から作られる前菜は大好評。ワインは、ワインインポーターが生産者のことを教えてくれるので、いつもと違った美味しさを楽しめる。

カフェスペース
カフェスペース

ドリンクにもこだわっており、近所にあるコーヒーショップ「珈琲丸」とコラボした「KOaAオリジナルブレンドコーヒー」は5種類もある。「珈琲丸のオーナーがパンに合うコーヒーを開発してくれたんです」と、ここでしか味わえないコーヒーの誕生秘話を教えてくれた。店内にはテーブル席があり、2人~12人が座れる。

高津区の魅力について店長の大藪さんに伺った。

店長の大藪さん
店長の大藪さん

――子育てに向いている場所だと思います。都心に近く便利に過ごせる一方で、高津区は庶民的な雰囲気のある街で住みやすい。休みの日には学校の体育館で、PTAの主催しているスポーツチームが活動をしていたりと、アクティブに過ごす街の方も多いようです。

KOaA(コア)
所在地:神奈川県川崎市高津区二子2-11-15 
営業時間:金・土曜日11:00~21:00、日曜日11:00~17:00
※第3週はパンレッスンのため休業
※パンレッスンは、第3木・金曜日
http://koaa.jp/

詳細地図