「鵠沼海岸が好き。パンを焼くのが何よりも大好き。」 鵠沼海岸で評判の、“行列のできるパン屋さん”

ブーランジェリー ボヌール 店主・豊永博さんインタビュー

「鵠沼海岸」駅を出て、商店街沿いに少し海のほうへ。3分ほど歩いて左に曲がると、踏切の脇に小さなパン屋さんがある。ここは「ブーランジェリー ボヌール」。商店街のはずれにありながらも、日々多くのお客さんが訪れる大人気のパン屋さんである。 この店の主、豊永博さんは平塚に生まれ育った準・地元っ子。この辺りにはビーチバレーを楽しむために、学生時代からよく通っていたということだ。パン職人を目指し始めたころから、「いつかは地元に、できれば大好きな鵠沼海岸に、小さなお店を持ちたい」と願い続け、それが叶ったのが2011(平成23)年のこと。それからの日々は大好きなパンと家族と海に囲まれ、幸せな日々が続いているという。 今回はそんな豊永さんに、お店のことやパンのこだわり、鵠沼海岸エリアの魅力などについて、いろいろとお話を聞いた。

様々な種類のパンが並ぶ
様々な種類のパンが並ぶ

――豊永さんはなぜ、パン職人を目指したのでしょうか?

きっかけは、実は、「コックコートが着たかった」というだけなんです(笑)。子どものころから“ものづくり”が好きだったというのはあると思いますけれど。だから初めはケーキとパンで、どっちにしようか悩んでいて。何となくパンになった、という感じですね。専門学校を出てからは「ドンク」というパン屋さんで10年ぐらい、「ポンデザール」っていうパン屋さんでも、3年ぐらいやっていました。

子どものころから“ものづくり”が好きだった豊永さん
子どものころから“ものづくり”が好きだった豊永さん

――「ボヌール」という店名には、どんな思いが込められているのでしょうか?

フランス語で「幸せ」って意味がある言葉なんですね。だから、「幸せのパンやさん」っていうイメージです。お客さんが来て、うちのパンを食べて、笑顔になったらいいな、とずっと思っていて、そういう思いを込めて名前にしました。

「ブーランジェリー ボヌール」 看板
「ブーランジェリー ボヌール」 看板

――外観も店内も、とてもかわいらしいお店ですね。L字型のカウンターなど、ちょっと変わったディスプレーも素敵です。

ありがとうございます。実は、このカウンターも自分で作ったんですよ。実家が大工をやっているので、父にも手伝ってもらいながら、ほとんど全部、自分達でやったんです。

パン屋さんって、普通は段のある棚じゃないですか。でも、自分は段差がある棚じゃなくて、何と言うか、ぱっと見渡せる感じが良かったんですよ。だからこういう形になっています。レジの台なんかも、角は自分でやすりをかけて丸くして作ったんですよ。

L字型のカウンター
L字型のカウンター

――駅から少し歩き、目立ちにくい場所ですれど、それも狙っていたところなのでしょうか?

そうですね。地域の方に利用していただきたいので、住宅地の近くがいいな、と思っていました。今も実際、8割ぐらいの方はご近所の常連さんですね。週末のお客様については、遠くから来られる方や、観光客の方も多くいらっしゃいます。

「ブーランジェリー ボヌール」 外観
「ブーランジェリー ボヌール」 外観

――おすすめのパンには、どんなものがあるのでしょうか?

一番売れるのは、やっぱり、食パンですね。ベースになる食パンは2種類あって、普通の食パンと、「フランス食パン」というものです。この「フランス食パン」は、いわゆる、「ハードブレッド」と呼ばれているもので、小麦粉、塩、水だけで作っています。普通の食パンのほうについては、黒米が入ったもの、胚芽が入ったもの、レーズンが入ったものなど、いくつかのバリエーションもご用意しています。

一番人気は食パン
一番人気は食パン

――先ほど、ママ友同士で来て、「塩パン」を買われていたお客さんがいましたね。こちらも人気なのでしょうか?

うちの塩パンがすごく好きなお客さんがいて、多分その方の知り合いの方々だと思います。塩パンって、ふつうのお店だとロール状にしているのが多いんですけれど、うちはオリーブオイルを仕込んで、ちょっと違う感じの塩パンになっています。塩も、フランスのゲランドの塩を使っているので、美味しいですよ。

お店のこだわりを感じる塩パン
お店のこだわりを感じる塩パン

――バゲットも、とても人気の商品ということですね。

そうですね。うちにはベーシックなバゲットのほかに、フランス産小麦と秋田の「白神こだま酵母」という天然酵母を使った小ぶりなバゲットがありまして、それがパン好きの方に好評いただいています。天然酵母なのでちょっと硬いんですけれど、噛めば噛むほど味が出てくるような、そんなバゲットです。

人気のバゲット
人気のバゲット

――ほかにも力を入れている商品があれば教えてください。

取材などでよく取り上げていただけるのは、「クロワッサン」でしょうか。うちのクロワッサンは塩麹が入っているので、それが珍しいみたいなんですね。 しょっぱいだけじゃない、塩麹ならではの旨味をパンの中に出したかったので、塩の代わりに、という感じの量で、けっこう入っています。これも塩味に円みがあるというか、旨味もしっかり感じられて、面白いクロワッサンになっていると思います。塩以外は普通の素材なので、食感はパリパリ、バターもたっぷりです。

あとは、「チャバッタ」なんかも隠れた人気商品ですね。国産小麦100%でやらせてもらっています。小麦の香りが良いですから、そのままオリーブオイルをつけて食べてもいいですし、サンドイッチにしても良いですし、いろんな使い方ができると思います。ハード系よりも少し柔らかいハード系なので、日本人に意外と合うパンですね。

クロワッサンには塩麹を使用している
クロワッサンには塩麹を使用している

――素材や品揃え、提供の方法など、全般的にこだわっている部分について教えてください。

まずは、「手作り」ということでしょうか。フィリング(中に詰めるあんやクリームなど)類も全部、自家製しています。だから「安心、安全」ということも言えるとは思っています。

あとは、「品数をたくさん置く」ということですね。午前中になるべく全部焼き上げて並べるようにしていて、お客さんが来た時に、沢山のパンの中から選んでいただけるように、ということはいつも心がけています。種類は日にもよりますが、だいたい100種類はあると思います。定番以外にも、日替わりパンや、季節によって入るものもありますから、種類は多いほうだと思います。

自家製のものを出来るだけ使用している
自家製のものを出来るだけ使用している

――それだけの種類を全部一人で作るというのは、すごく大変ですよね。

朝は、3時半ぐらいからやっていますよ(笑)。夜はだいたい7時頃まで店にいます。でも、大変だと思ったことは一度も無いです。パン作りって本当に楽しいですからね。一から十まで、自分の目で見て、さわって、ものができあがってくるのが、何とも言えない楽しさなんです。多分、ほかの人には分からないかもしれないですけれど。

朝から晩までパン作りに関わっている豊永さんの作る様々な種類のパン
朝から晩までパン作りに関わっている豊永さんの作る様々な種類のパン

――お客さんはどんな方が多いでしょうか?見ていると、女性の方が多いようですが。

今日は女性が多めですけれど、実は、うちの店は珍しくて、男女比が半々ぐらいなんですね。週末には特に、男性のほうが多いということも多いです。週末に来る男性の方は、マラソンの後に寄ったりとか、散歩がてらちょっと来る、という感じが多いですね。それは自分でも、意外だと思っているところです。もちろん、平日は女性が多いですし、お子さんを連れた方も多いです。

様々な層のお客さんが訪れる
様々な層のお客さんが訪れる

――すべて手づくりで、添加物も使わないパンとうことで、お子さんにも安心ですね。

そうですね。安心して召し上がっていただければと思います。あと、特にお子さん向けというわけではないんですが、アレルギーに対応したパンがありますので、それを目当てにわざわざ来られるという方もいらっしゃいますね。たとえば食パンについても、「フランス食パン」は卵・乳製品を使っていませんし、「白パン」もそうですね。やさしい味なので、小さなお子さんも食べやすいと思います。

すべて手づくりで、添加物も使用していない
すべて手づくりで、添加物も使用していない

――海岸がすぐ近くなので、海辺で食べるという人も多いのでしょうか?

いらっしゃるんですけれど、自分たちは、「鳥に食べられちゃうからやめたほうがいいよ」って言っています(笑)。でもやっぱり、けっこういらっしゃいますね。気持ちいいですから。

お店のおすすめが書かれているボード
お店のおすすめが書かれているボード

――ズバリ、鵠沼海岸エリアの魅力とは何でしょうか?

昔、都内にも住んでいたことがあるので、余計に感じることかもしれませんが、まず、「空気」が全然違いますね。それに人もみんな、ゆったりとしています。休みの日なんかは確かに人も車も多くて、混むんですけれど、都内の混み方とは違って、ごみごみしていないし、せかせかしていないんです。そんな、ゆっくりとした時間の流れがあるのが、いいところですね。

ブーランジェリー ボヌール

店主 豊永博さん
所在地 :神奈川県藤沢市鵠沼海岸2-1-8
TEL :0466-31-0330
営業時間:8:00~19:00
定休日:火曜、第1・第3水曜
※この情報は2016(平成28)年6月時点のものです。