みなとみらいに「山下公園」、暮らしの中で横浜の魅力を満喫できる街

横浜市中区北仲通に暮らす

横浜市中区北仲通は、みなとみらい線「馬車道」駅の北側に位置するエリア。みなとみらいや桜木町、関内に隣接しており、周辺には「神奈川県庁舎」や「横浜市役所」といった官公庁が集まり、横浜市の中心地として重要な役割を果たしている。

横浜開港ともに発展

横浜三塔のひとつ「横浜市開港記念会館」
横浜三塔のひとつ「横浜市開港記念会館」

「日米修好通商条約」により、1859(安政6)年に横浜が開港され、今の北仲通周辺は開港場の一部になった。関内という地名も開港場の区域を示す関内という名称に由来している。開港以降、横浜は西洋文化の最前線に接する地になり、横浜が日本発祥になったものも多い。

明治時代になると、北仲通には灯台の運営を担当する「燈明台局」が設置され、1874(明治7)年には灯台守の教育や灯台の試験調整を行うための施設「洋式試験灯台」も造られている。この洋式試験灯台の完成時には明治天皇が行幸するなど、当時の日本にとって重要な場所であったことが伺える。現在も洋式試験灯台の基礎となったレンガが残り、記念碑が建つ。

1904(明治37)年に「横浜正金銀行本店」として建てられた「神奈川県立歴史博物館」
1904(明治37)年に「横浜正金銀行本店」として建てられた「神奈川県立歴史博物館」

北仲通周辺は、ほかにも「旧横浜正金銀行本店(国指定重要文化財建造物・国指定史跡)」や「横浜市開港記念会館」など横浜の歴史を感じられるスポットも多い。横浜市では街づくり協定を策定し、こうした歴史的建造物を活かした街並みを整備してきた。

北仲通にもかつての「横浜生糸検査所絹物専用倉庫」が残っており、今後は「旧横浜生糸検査所附属生糸絹物専用倉庫」に音楽やアートなどの発信拠点となる文化施設を誘致するなど、建物の保全と再生が行われることになっている。

さらなる発展が期待される北仲通

北仲通周辺では、より快適な街を目指して都市インフラの整備も続けられている。とくに、北仲通四丁目と五丁目は特定都市再生緊急整備地域に指定され、その一角に当たる北仲通北地区A-4地区では、地上58階建てのマンションのほか、ホテルやショッピング施設、文化施設の整備が行われる予定だ。

また、2020(平成32)年には「横浜市庁舎」が北仲通南地区へ移転する予定で、さらなる発展が期待できるだろう。

横浜のショッピングタウンが日常圏内

「クイーンズスクエア横浜」などみなとみらいのショッピング施設は徒歩圏内
「クイーンズスクエア横浜」などみなとみらいのショッピング施設は徒歩圏内

北仲通から「横浜ワールドポーターズ」や「クイーンズスクエア横浜」「MARINE & WALK YOKOHAMA(マリン アンド ウォーク ヨコハマ)」などみなとみらいのショッピング施設は徒歩圏内で、気軽に買い物を楽しむことができる。

「横浜タカシマヤ」での買い物も気軽に楽しめる
「横浜タカシマヤ」での買い物も気軽に楽しめる

少し足を延ばせば、「そごう 横浜店」や「横浜タカシマヤ」など百貨店が集まる「横浜」駅周辺、「横浜元町ショッピングストリート」がある元町周辺など人気のショッピングタウンもあり、買い物の楽しみは多い。

横浜を代表するグルメの店が集まる

北仲通周辺には、ミシュランで星を獲得した店から明治時代創業の老舗、人気のイタリアンやフレンチの店など名店が揃い、グルメの魅力も尽きない。とくに「bills」は世界一の朝食として、日本だけでなく海外でも有名な店だ。

「シルスマリア 馬車道店」や「ガトー・ド・ボワイヤージュ 馬車道本店」などスイーツが人気の店も点在し、お気に入りの店を見つければ暮らしが豊かになるだろう。

芸術鑑賞も身近で楽しめる

横浜を代表する文化施設「横浜美術館」
横浜を代表する文化施設「横浜美術館」

横浜市中心部にある北仲通周辺は文化施設も多い。近・現代美術の作品を多数所蔵する「横浜美術館」や演劇やミュージカル、ダンスなどの公演が行われる「神奈川芸術劇場」、日本の国公立ホールでは最も長い歴史を誇り、パイプオルガンがある「神奈川県民ホール」と多彩な文化施設が揃い、身近で多様な芸術に触れることができるのもこのエリアならではの魅力と言えよう。

横浜の魅力を満喫しながら暮らせる街、それが横浜市中区北仲通だ。