国際バカロレアを導入した一環教育校

横浜インターナショナルスクール

横浜インターナショナルスクール
横浜インターナショナルスクール

横浜市中区山手町の「横浜インターナショナルスクール」は、1924(大正13)年に横浜市の外国人コミュニティが主体となって創立した由緒ある学校である。外国人居住者の多い緑豊かな住宅街の一等地にあり、「港の見える丘公園」や「岩崎博物館」をはじめとする文化施設に囲まれている。

横浜インターナショナルスクール
横浜インターナショナルスクール

現在、日本に滞在中の外国人子弟や日本人と国際結婚をした夫婦の子弟を中心に、3歳から18歳まで、約670人の学生が在学中。生徒の出身国は50ヵ国以上、教師は15カ国以上と、まさに「国際学校」の名に相応しい多様性あふれる環境だ。国際バカロレア(IB)のPYP、MYP、DPのすべてを導入している一環教育校で、ニューイングランド学校大学協会(NEASC) および、インターナショナルスクール協議会 (CIS) から正式に認定されており、SATの試験も受けられる。教育は英語が主体だが、第一外国語として、日本語、フランス語、スペイン語などのクラスも開講しているので、子どもの文化的背景やニーズに合った選択ができる。

横浜インターナショナルスクール
横浜インターナショナルスクール

教育課程は、3から5歳の“Early Learning”、5歳から11歳の初等科、11歳から13歳までの中等科、14歳から18歳までの高等科に分かれている。“Early Learning”では、幼児8人に対し教師を1人配置、初等・中等科の平均クラスサイズも18人以下と、きめ細やかな少人数制教育を実践。

横浜インターナショナルスクール
横浜インターナショナルスクール

美術や音楽、演劇、地域コミュニティとの交流プログラムなどを取り入れ、国際社会の責任ある担い手に不可欠な社会性と知性の育成に力を注いでいる。コンピュータを取り入れた授業にも積極的で、3年生からは生徒1人に1台のパソコンを完備。3年生以下のクラスでも、パソコンやiPadを共有する形で使用している。集会場、カフェテリア、体育館、図書館/マルチメディアセンター、ダンススタジオ、音楽室などの施設も充実している。卒業生の多くはアメリカ、イギリス、カナダなど一流大学 、日本の上智大学や国際基督教大学、早稲田大学に進学している。

横浜インターナショナルスクール
所在地:神奈川県横浜市中区山手町258 
電話番号:045-622-0084
http://www.yis.ac.jp/

詳細地図