三ツ池公園

三ツ池公園

“都市のオアシス”のキャッチフレーズを持つ「神奈川県立三ツ池公園」は鶴見区に約30ヘクタールにわたって広がる緑のスポット。江戸期にかんがい用水として使われていた3つの池とその周辺を整備し、誰もが憩える公園となった。

開園は1957(昭和32)年。自然のままの地形が活かされている園内は、子どもたちが存分に駆け回れる「遊びの森」をはじめ、プールやテニスコート、野球場など、あらゆる年齢層が楽しめる。中国の遼寧省から友好の証として寄贈された「馬超龍雀像」のほか、韓国の京畿道との友好を記念した「コリア庭園」もあり、どことなくエキゾチックな香りが漂っている。また、春の桜も多くの人々を惹きつけている。78種1,600本以上の桜が咲き誇り、全国の「日本さくら名所100選」にも選ばれている。

三ツ池公園

開園40年以上を経て、施設の老朽化が目立ち始めたため、2000(平成12)年より「三ツ池公園を活用する会」などの民間団体が集い、再整備を進めるための参加型公園づくりが始まっている。そこからは「里山クラブ」や「花壇クラブ」、「環境探偵団」などの新プロジェクトも生まれている。

三ツ池公園
所在地:神奈川県横浜市鶴見区三ツ池公園1-1 
電話番号:045-581-0287(三ツ池公園パークセンター)
休園日:年末年始(12月29日~1月3日)
http://www.kanagawaparks.com/mitsuike/

詳細地図

PR:北寺尾の新築分譲マンションをご紹介
街を見晴らす高台の地、強耐震マンション
「ナイスブライトピア横濱北寺尾」。

PR

街を見晴らす高台の地、強耐震マンション「ナイスブライトピア横濱北寺尾」。

小学校が目の前で登下校も安心!緑豊かな公園や、保育園・幼稚園も徒歩圏に。ファミリーにうれしい3LDKや4LDKの間取りも豊富!


TOP