SPECIAL - 開成町の現在と未来 -

駅から徒歩13分の「リーフィア開成 第5期」を見てきました!

駅から徒歩13分の「リーフィア開成 第5期」を見てきました!

スポーツやレジャーを存分に楽しめる環境でありつつ、新幹線の停車駅である「小田原」駅まで電車で11分という開成町。近年は他市町村から移り住む人も多く、2010(平成22)年4月には「開成町立開成南小学校」も新設されました。そんな県内有数の注目を集める開成町で、新しく「リーフィア開成 第5期」の分譲が開始されました。「開成」駅から徒歩13分という立地に加え、電線類地中化街区内にあるとのことなので、街並みを実際に見学してきました。

開成」駅から「リーフィア開成 第5期」への道は平たんな道で坂道がなく、徒歩でも自転車でもスムーズに移動できます。また、電線類地中化街区内にあるため、目ざわりな電線が無い街並みは開放感があります。さらに、「リーフィア開成」のある区画整理地では、美しく暮らしやすい住環境を守るための街づくりルールが策定されています。敷地の広さは150平方メートル以上、建物の規模や外壁の位置、建物の色、車庫の軒の高さなど、細やかな街づくりのルールが定められています。

開放感ある空♪電線類地中化街区電線類地中化街区

景観だけでなく防災面でもメリットがあります景観だけでなく防災面でもメリット


見学した「3-5-15号棟」は外から見える「ウッドデッキ」が印象的な建物。さっそく建物のなかに入っていきましょう。玄関からホールを抜け、正面のドアを開けるとそこは、約14.0畳のリビング・ダイニングでした。リビング・ダイニングの窓はワイドオープンサッシで窓全面を開けることができ、そこから「ウッドデッキ」に出られるようになっていました。ワイドオープンサッシを開放すると、内と外とが一体となり、広々とした空間を感じられます。また、リビング・ダイニングは床暖房も完備しているとのことで、冬場に家族が集まってくる光景を想像してしまいました。

菜園コーナーもありますウッドデッキウッドデッキ

リビング・ダイニング・キッチンリビング・ダイニング・キッチン


キッチンは、2口が大火力の「ホーロートップコンロ」、「静音シンク」、「食器洗い乾燥機」、使いやすい「フロアキャビネット」など、快適な炊事に必要なものは全て揃っています。ダイニングには、料理をおいしく照らしてくれそうな、おしゃれな吊り照明があり、部屋にアクセントを与えていました。

駅から徒歩13分の「リーフィア開成 第5期」を見てきました!リビング・ダイニング・キッチン

使いやすさを追求!キッチンキッチン


そのリビング・ダイニングとつながっている約5.0畳の洋室は、引戸で区切ることができます。独立した部屋にもできますし、リビング・ダイニングと一体化させることもできます。書斎として利用したり、来客時に客間として使用するなど、様々な使い方に対応できる柔軟な間取りになっていました。

1階の洋室1階の洋室

1階の洋室とリビングルーム1階の洋室とリビングルーム


2階には洋室が3部屋ありました。約5.3畳の洋室と約5.0畳の洋室、そして約7.0畳の主寝室です。収納スペースが多く、いずれの部屋にもクローゼットがありますが、特に印象的だったのは主寝室の「下屋裏収納」です。立ち上がれるほどの高さはないのですが、大きなキャリーケースなどもしまっておける、ゆとりある広さがありました。また、主寝室からは広々としたルーフバルコニーがあり、雄大な景色を眺めながらくつろげる空間となっていました。

主寝室のクローゼット主寝室のクローゼット

収納は使い安さが大切!主寝室の下屋裏収納主寝室の下屋裏収納


雨でも濡れない!勝手口と外部収納勝手口と外部収納

再び1階に戻り、キッチンの勝手口から外に出てみました。屋根のついた「バックヤード」のほかに、外部収納があるのもうれしいポイントです。室内にしまうと汚れが気になりそうな、ガーデニング用品やアウトドアグッズなどをしまっておくのに便利そうです。


いかがでしょうか。ロケーションだけでなく、収納力たっぷりで、暮らす人の目線で考えた間取りが魅力の「リーフィア開成 第5期」。住めばその良さが実感できるに違いないと思わせてくれる、魅力あふれる建物でした。


駅から徒歩13分の「リーフィア開成 第5期」を見てきました!発見ポイント!

1階の洋室

  • (1)電線類地中化街区の開放感ある街並み!
  • (2)2台分のカースペース!
  • (3)収納力たっぷりのうれしい間取り♪

※この記事は2017年10月に取材したものになります。

PAGE TOP