SPECIAL - 開成町の現在と未来 -

「開成」駅・東口再開発エリアの総仕上げ!『リーフィアレジデンス開成 ステーションイースト』のモデルルームを見てきました!

開成」駅・東口再開発エリアの総仕上げ!『リーフィアレジデンス開成
ステーションイースト』のモデルルームを見てきました!

現在「開成」駅東口から徒歩4分の場所で、『リーフィアレジデンス開成 ステーションイースト』の建設が着々と進められています。酒匂川が身近なロケーションでありながら、駅前の整った街並みが共存しているのは、周辺が計画的に開発が進められてきた結果です。さらに小児医療費助成制度の対象年齢の拡大や、2016(平成28)年4月に、子育て世代のため「開成町駅前子育て支援センター」が入る「ぷらっと・かいせい」がオープンするなど、開発当初の未来予想図が長い歳月を経て、ようやく現実のものになろうとしています。その総仕上げとも言える『リーフィアレジデンス開成 ステーションイースト』のモデルルームを見学してきました。

モデルルームがあるのは、「開成町南部地区土地区画整理事業」内。先進的な設備を誇る「開成町立開成南小学校」をはじめ、周辺では美しい街並みの開発が進められていました。さっそく中に入ってみるとインフォメーションセンター内は、陽光が差し込む落ち着いた雰囲気となっています。キッズルームも設置されているので、ご家族で見学にいっても安心です。

マンションギャラリー インフォメーションセンター外観

「開成」駅・東口再開発エリアの総仕上げ!『リーフィアレジデンス開成 ステーションイースト』のモデルルームを見てきました!インフォメーションセンター内の様子


「開成」駅・東口再開発エリアの総仕上げ!『リーフィアレジデンス開成 ステーションイースト』のモデルルームを見てきました! イイネ!パネル

通路には、「子育て環境」・「自然環境」・「生活環境」の3つのテーマで開成町を紹介し、“イイネ!”ボタンを押せるパネルが設置されていました。皆さんが開成町のどんな所を気にいったのか、ひと目でわかるようになっているなど、インフォメーションセンター内を楽しく見てまわれる工夫がされていました。


マンションギャラリー模型コーナー

さらにその奥に進むと、『リーフィアレジデンス開成 ステーションイースト』の模型コーナーがありました。実物は見ることができない代わりに、建物全体の雰囲気や、まわりの道路、駐車場との位置関係などを確認することができます。建物は伸びやかな水平ラインが印象的なファサードデザインで、一部のバルコニーからは富士山や酒匂川方面の眺めを楽しむことができるそうです。


「開成」駅・東口再開発エリアの総仕上げ!『リーフィアレジデンス開成 ステーションイースト』のモデルルームを見てきました! カラーセレクトコーナー

また、インテリア選びの参考になりそうなカラーセレクトコーナーも設置されており、期間内であれば、3つのタイプからお好きなカラーを選ぶことができます。実物展示なので住居内の雰囲気を知ることができるようになっており、新しい生活のイメージが広がり、いろいろと想像が膨らみそうです。


そして、その奥がいよいよモデルルーム。『リーフィアレジデンス開成 ステーションイースト』は、他エリアの“リーフィアレジデンス”を冠するマンションと同様に、床暖房や電力一括受電システムをはじめ、設備面も大変充実しています。そのことは、部屋に入る前のドアからうかがうことができ、複製が困難とされる「リバーシブルディンプルキー」を採用するなど、防犯性でも一切の妥協はありません。

リーファイアレジデンス開成 ドア玄関

これで安心! リバーシブルディンプルキー リバーシブルディンプルキー


では、玄関ドアを入って、さっそく中を見学してみましょう。アクセントタイルで飾られた雰囲気のある玄関から廊下を少し進み、左手にあるドアを開けると、そこにはシックで落ち着いた雰囲気の主寝室がありました。机を設置できるスペースもあるので、簡単な作業をすることもできそうです。上質で落ち着いた空間は、ゆっくり寛ぐことのできる夜、そして目覚めの良い朝を迎えられそうです。

リーファイアレジデンス開成 廊下廊下

寛ぎの空間です!約6.8畳の洋室 約6.8畳の主寝室(洋室)


この主寝室からは、収容力たっぷりの「ウォークスルークローゼット」を抜けて「リビング・ダイニング」に行けるようになっています。「ウォークスルークローゼット」は、洋服だけでなく小物や使用頻度の少ないものも整理できる広さが確保されているので、収納スペースに困ることはなく、部屋の中が物であふれかえる心配もありません。両方の部屋から利用できるので、とても使い勝手が良さそうです。

リビングからも入れます!「開成」駅・東口再開発エリアの総仕上げ!『リーフィアレジデンス開成 ステーションイースト』のモデルルームを見てきました! ウォークスルークローゼット

約16.1畳のリビング・ダイニング約16.1畳のリビング・ダイニング


「ウォークスルークローゼット」を抜けた先、廊下からは一番奥の「リビング・ダイニング」は、約16.1畳の広さがあります。テーブルと大きなソファを置いても余裕のある広さとなっており、リラックスした時間を過ごすことができそうです。また、天井高が2.54メートルと高く、窓もセンターオープンサッシで広く取られているため、さらに開放感ある印象を受けました。

「開成」駅・東口再開発エリアの総仕上げ!『リーフィアレジデンス開成 ステーションイースト』のモデルルームを見てきました! リビングルーム

「開成」駅・東口再開発エリアの総仕上げ!『リーフィアレジデンス開成 ステーションイースト』のモデルルームを見てきました! ダイニングルーム


キッチンは一体感のあるオープンカウンターでダイニングと繋がっており、料理中でも家族の様子が見えるようになっています。また、シンク下の空間を利用し、フォークやナイフを整理できる「キッチンツールコンテナ」など、使いやすさ、快適な日常を支える設備面での充実が印象的でした。

リビング・ダイニング 一体感のあるオープンカウンターキッチン

嬉しい収納力♪キッチンツールコンテナ キッチンツールコンテナ


他の部屋でも設備が充実しています。浴室では、汚れがつきにくい浴室の「キレイドア」や、使い勝手の良さそうな天板一体型の「洗面化粧台」が実に印象的です。普段の使い勝手だけでなく、掃除やお手入れもしやすいので、見た目の美しさだけでなく家事の時間の短縮にも繋がりそうです。

掃除もラクラク!キレイドア キレイドア

たっぷり入ります!洗面化粧台 洗面化粧台


このように、『リーフィアレジデンス開成 ステーションイースト』のモデルルームは、充実の設備や生活空間の雰囲気を知ることができる以外にも、楽しく見学できる工夫が随所に施されていました。実際に足を運び、街の魅力、建物の魅力を見学してみてください。


開成」駅・東口再開発エリアの総仕上げ!『リーフィアレジデンス開成 ステーションイースト』のモデルルームを見てきました! 発見ポイント!

約5.0畳の洋室約5.0畳の洋室

  • (1)床暖房や電力一括受電システムなどの設備面での充実!
  • (2)都心マンションのように上質感のあるインテリア!
  • (3)みどころたくさんのインフォメーションセンター♪
PAGE TOP