2018年6月19日(火)~6月24日(日)第10回 開成町瀬戸屋敷「風鈴まつり」

「瀬戸屋敷」は、江戸時代に旧金井島(現在の開成町金井島地区)の名主を代々つとめた瀬戸家の家屋で、築300年の古民家です。平成13(2001)年に開成町に寄贈され、平成17(2005)年より「あしがり郷瀬戸屋敷」として一般公開されるようになり、年中行事や四季折々のイベントを多数開催。観光客と地元住民の交流の場としても活用されています。

「風鈴まつり」は、約800個の風鈴がずらりと吊るされ、軒下や座敷、渡り廊下などで、初夏の風に合わせて涼やかな音を奏でます。シダ植物をあしらった「しのぶ風鈴」と、風情あふれる瀬戸屋敷が織り成す趣は、風情たっぷり。そのほか、全国47都道府県の風鈴や世界の風鈴の展示、ナイトミュージアムやワークショップなど、さまざまな企画を予定。主な催しを下記にご紹介します。詳細は、公式HPでご確認ください。

【風鈴まつり主な企画】
<販売企画>
・あじさい風鈴、布風鈴、竹風鈴など
・開成町ブランド「郷弁」、地場産野菜、地域の名産品
・あじさいちゃんグッズ 他
<体験企画>
・お絵かき風鈴づくり、缶風鈴づくり
・あじさい綿菓子づくり 他
<展示企画>
・世界の風鈴展(貝殻やヤシの実など、個性ゆたかな風鈴が勢ぞろい)
・全国47都道府県の風鈴展(各地の気候や文化がつくりあげた風鈴を一堂に展示)

第10回 開成町瀬戸屋敷「風鈴まつり」
日時:6月19日(火)~6月24日(日)
場所:あしがり郷瀬戸屋敷
http://kaisei-ajisai.com/fuurin/

読み込み中
PAGE TOP