あしがり郷瀬戸屋敷

あしがり郷瀬戸屋敷

代々、名主を務めてきた瀬戸家の家屋が残されているのが「あしがり郷瀬戸屋敷」だ。約1,800坪の敷地内に薬医門をくぐって入ると、神奈川県内でも有数の規模を 誇る茅葺民家の母屋が正面に見え、その左手には水車小屋が見える。それ以外にも土蔵、井戸などいろいろと見どころが多い。

あしがり郷瀬戸屋敷

伝統的な年中行事を後世に伝えること、そして地域内における交流を図ることを目的に、「あしがり郷瀬戸屋敷」ではさまざまなイベントが開催されている。ひなまつり、端午の節句、七夕など、古民家を間近にしながら行事と接すれば、自然と気持ちも盛り上がってくるに違いない。

あしがり郷瀬戸屋敷

こうしたイベントを支えているのが、地域住民が組織するボランティア団体「瀬戸屋敷倶楽部」だ。年間行事の企画や運営にはじまり、来場者を楽しませるための空間づくりに取り組んでいる。手づくりの温かみを来場者が感じるとき、交流の和は、より一層の広がりを見せることとなる。

あしがり郷瀬戸屋敷
所在地:神奈川県足柄上郡開成町金井島1336 
電話番号:0465-84-0050
開園時間:10:00~17:00
休園日:月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
http://www.town.kaisei.kanagawa.jp/forms..

このページをご覧の方はこんなページもご覧になっています。

PAGE TOP